Pocket

 

どうも今井です。

今回はメンターの重要性と選び方についての動画講義です。

 

メンターとは?

メンターとは、日本語でいうと指導者、助言者、先生といった意味です。

ネットビジネスの世界でよく使われている言葉ですが、ネットビジネス以外でも、企業において新入社員などの精神的なサポートをするために、専任者をもうける制度としてメンター制度という言葉が使われていたりします。

メンターは自分を導いてくれる存在であるため、自分よりその道でレベルが高い人のことを指します。

メンターがなぜ重要なのか

1.最短距離で進むことができる

自分自身の頭のみで考えて行動をしていると、その方向性が合っているのか、間違っているのか分からないまま進んで行くことになります。

やってきた行動の方向性が違うと大きく遠回りしてしまい、結果を出すまでに多大な労力と膨大な時間がかかる恐れがあります。

メンターはその道のプロなので、メンターがつまづいたところ、自分一人ではつまづいていたはずところを早い段階で修正してくれます。

その結果、最速最短で結果を出すための行動をすることができます。

2.迷った際の道標になる

一人で行動をしていると自分の行動性の方向が合っているのか、間違っているのか悩むことが多くあります。

迷いに迷って一体どうすれば良いのか分からないといったことになりがちです。

どうすれば良いのかわからなればもちろん行動なんてできなくなってしまいます。

そのように迷いや壁にぶち当たったときに、道標となってくれるのがメンターの存在です。

 

結果、モチベーション、行動を維持することができます

 

メンターの選び方

1.圧倒的な実績

自分の主観的な基準で凄い実績をあげているかということが判断基準になります。

今現在その方法が通用するのかという点で実績をあげた時系列もポイントです。

昔の実績での判断ではなく、近い過去、もしくは今現在結果を出し続けているのかで判断しましょう。

プレイヤーとしての実績、指導者としての実績、どちらとも大切ですが、より重要なのは指導者としての実績です。

2.圧倒的な実力

その人が世に出している無料のもの(ネットビジネスであればメルマガ、レポートなど)を参考にします。

無料のもののクオリティがどの程度なのかで実力を図る判断基準の一つになります。

注意していただきたいのは、実績=実力に必ずしもならないということです。

その人自身に実力がなくても実力者に支えてもらい実績が上がってしまっている場合や

実績自体に疑わしいものがある場合など様々です。

3.努力型

天才型の人間は自分一人で成果をあげることができますが、再現性に乏しいです。

感性のタイプなのでなぜ成功したか、なぜ失敗したか論理的に説明することができません。

対して努力型の人間は多くの失敗や挫折を経験しているので、つまづくポイントを把握しています。

遠回りをして苦労をしてきたからこそ、成功までの最短距離へ導いてくれるのは努力型タイプです。

4.人間性

その人物を自分が好きと思えるかどうかです。

完全に主観的なものになります。

好きであれば、素直に実直に行動ができますし、その分実力、結果も伸びやすいです。

まとめ

インターネットビジネスにおいてメンターは必須の存在です。

天才であれば自分一人で成果をあげることができるかもしれませんが、その他多くの一般人にとってその道のプロに進むべき道を教えてもらうことは非常に価値があります。

僕自身もカメラ転売をはじめるにあたって、資金を投資してカメラ転売のノウハウを学びました。

だからこそ最速で結果を出すことができました。

皆さんも自分に会った良いメンターと出会い、最速で結果を出せるよう祈っております。

 

 

動画でも詳しく説明していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。