Pocket

 

どうも今井です。

今回はCONTAX G1のROM改造済とROM未改造の違いと見分け方について解説していきます。

 

ROM改造とは?

CONTAX(コンタックス) G1にはROM改造済のものと、ROM未改造のものがあります。

CONTAXのG1の後継モデルであるCONTAX G2が発売になった際に新しくレンズも発売になりましたが、ROM未改造の場合はフレームが対応しておらずレンズが認識されません。

未改造だと対応できないレンズは焦点距離が35mm21mmの以下のレンズです。
  • CONTAX Planar T* 35mm F2
  • CONTAX Biogon  T* 21mm F2.8
ROMを改造することでこれらのレンズも使用可能となります。

CONTAX G1 ROM改造済とROM未改造の見分け方

CONTAX G1 ROM改造済

cycful7775-img599x398-1467716764jlfefw19543
CONTAX G1の裏蓋を開けるとこのようにフィルムを入れる部分がでてきます。

赤丸内に注目してみて下さい。

フィルムの入れ方を説明しているシールが貼ってありますが、色が緑色です。

CONTAX G1 ROM未改造

w124511050.3
こちらも赤丸内に注目してみて下さい。

フィルムの入れ方を説明してあるシールがこちらは白色になっています。

まとめ

CONTAX G1 ROM改造済 → フィルム装填部分のシール緑色

CONTAX G1 ROM未改造 → フィルム装填部分のシール白色

ROM改造済みのものと未改造のものだと相場も多少変わってきますので、しっかり見極めて購入していきましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったらご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。