Pocket

 

どうも今井です。

今回はCANONのフィルムカメラ、F-1前期、F-1後期、NEW F-1の違いと見分け方についての解説です。

CANONのフィルムカメラで比較的メジャーな存在であるF-1シリーズ。

名称表記はすべてF-1となっているため、ぱっと見ではF-1前期、F-1後期、NEW F1の3つの違いが判断できません。

そこで今回はF-1前期、F-1後期、NEW F-1の違いと見分け方について紹介していきます。

 

F-1とNEW F-1の見分け方

旧F-1

chokichoki_boys-img600x401-1462709359zxufpg26690
赤丸内に注目してみて下さい。

CANON F-1の場合はセルフタイマーのバーがボディ前面左部分についています。

NEW F1

lucent_camera-img600x400-146901385808iu0r5174
こちらも赤丸内に注目してみて下さい。

CANON NEW F-1の場合は、セルフタイマーは電子式となっていて旧F-1のように、前面にセルフタイマーがありません。

またグリップがついていて持ちやすいように改良されています。

F-1前期とF-1後期の見分け方

巻き上げレバーの形状による見分け方

F-1前期

f1_02
F-1前期は上記のようなレバーの形状になっています。

レバーの先端部分のみ太くなっている点、レバーの内側のカーブ部分が比較的急な角度になっています。

F-1後期

img08030026_1
対してF-1後期は上記のようなレバーの形状になっています。

F-1後期の場合はレバープラカバーがついて、操作が容易になっています。

またF-1前期と比べてレバー角度も緩やかになっています。

ボディ裏蓋による見分け方

F-1前期

lucent_camera-img600x400-1467987705ilrgx324955
F-1前期の場合はシンプルな裏蓋になっています。

F-1後期

masakuti008-img599x445-1465619883vmlrv52602
F-1後期の場合はF-1前期にはなかったメモホルダーがついています。

 

まとめ

CANON 旧F-1とNEW F-1の違い

セルフタイマーレバーあり → 旧F-1

セルフタイマーレバーなし → NEW F-1

グリップなし → 旧F-1

グリップあり → NEW F-1

CANON F-1前期とF-1後期の違い

巻き上げレバー

先端部分のみ太い、内側のカーブ急 → F-1前期

持ちやすい形状、内側のカーブ緩やか → F-1後期

裏蓋

シンプル → F-1前期

メモホルダー有 → F-1後期

※裏蓋は付け外しが可能ですので、F-1前期、F-1後期を見分ける際は巻き上げレバーをしっかり確認しましょう。

旧F-1前期、旧F-1後期、NEW F-1、いずれも相場が変わってきますのでしっかり見極めていきましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。