Pocket

 

どうも今井です。

今回はCANONのレンジファインダー、キヤノン 7(セブン)の検品方法についての解説です。

 

フィルムカメラの検品方法

ボディ外観チェック

ボディ全体のアタリ、キズ、スレの有無と程度を確認します。

マウント部分のキズの具合、使用感もチェックします。

ファインダー内チェック

ファインダー内にくもり、カビ、キズ、ゴミ(チリ)などがないかチェックしていきます。

光に向けてファインダーを覗き込むようにすると確認しやすいです。

シャッターチェック

各シャッタースピード別にシャッターを切っていき、きちんとした速度でシャッターが降りるかを確認します。

なお、バルブ(B)はシャッターボタンを押している間、ずっとシャッターが切れている状態が続きます。

シャッター幕チェック

シャッター幕が破れていないか、ヨレはないかなどの確認をします。

まとめ

店で動作確認がされていないジャンク品などの場合、自身での検品が必要になります。

他のフィルムカメラでも基本の検品方法は一緒なので、しっかりと検品していきましょう。

動画で詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。