Pocket

 

どうも今井です。

今回はトップセラーと稼げない人との仕入の違い。稼ぎ続けるための仕入の幅について解説です。

 

稼げる人と稼げない人の仕入の違いとは?

稼げる人と稼げない人の仕入の違いは「仕入の幅」の違いです。

仕入の幅とは、仕入できる範囲のことです。

稼げる人は稼げない人より仕入できる範囲が圧倒的に広いです。

そのため、同じカメラ屋をみても、同じリサイクルショップをみても、同じネットショップをみても、同じヤフオクをみても稼げる人とそうでない人には、仕入数に差がでてきます。

仕入の幅について詳しく2つに分けて解説していきます。

稼ぎ続けるための仕入の2つの幅

価格の幅

仕入ができる価格帯の幅のことです。

資金力経験による部分が大きいと思います。

カメラ転売を始めてたてで資金がそこまでない人は数万円の商品を購入するのも戸惑いがあるのではないしょうか。

中古カメラはピンからキリまであるので、500円とか1000円とか安価な商品のものもあれば、数十万のものもあります。

資金が潤沢にある場合、もしくは1円出品などで早い回転で資金を回していくことができる場合は高価格商品も仕入することができます。

下の例のように同じ利益率であれば、高価格帯の方が一品あたりの利益単価が大きいので作業量に対する利益効率が良くなります。
  • 仕入値10,000円 →  売値13,000円 利益3000円 利益率23.1%
  • 仕入値100,000円 → 売値130,000円 利益30,000円 利益率23.1%
※落札手数料などは考慮していない例です。

カメラ転売は少ない資金からでも始められますが、資金があればあるほど有利なのはこのためです。

商品種類の幅

商品の種類を限定すると仕入できる商品が限られてしまいます。

よくカメラ転売で儲かる商品は何ですか?といった質問がありますが、この質問にあまり意味はありません。

なぜなら、仕入値が安ければ何でも儲かります。

この当たり前のことを知っているからこそ、稼ぎ続けている人は、自分が仕入したことがない商品でも何でも積極的にリサーチしていきます。

対してカメラのボディのみリサーチする人、カメラのレンズのみをリサーチする人、得意なメーカーのNIKON・CANONのみリサーチする人などは、その他の多くの利益が取れる商品を取り逃がしています。

自分が一度売った商品をまた仕入して得意商品にしていくことは非常に重要な視点ですが、まだ一度も売ったことがない商品やジャンルなど未知のものもリサーチしていきましょう。

仕入商品の幅は確実に広がっていきます。

まとめ

転売の一番の肝である「仕入」ですが、稼いでいる人と稼げていない人との違いは今回解説した「仕入の幅」です。

利益を伸ばしていくために、「価格の幅」と「商品種類の幅」の2つを意識して仕入の幅を広げていきましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。