どうも今井です。

 

ちょっと前に、他人の考えに大きく違和感を感じた出来事がありました。

 

ある日、僕がカフェで仕事をしていた際に隣の人の会話が聞こえてきました。

 

見た感じ30代のサラリーマンの2人組。

 

A「ほんと最近なにやってんののお前」

 

A「会社辞めてなんか、一時期なんか血迷ってたよね。youtuberとかになって。」

 

A「youtuberとかやばいだろ笑。」

 

B「あぁ、うん・・・」

 

Bさんはどうやら会社の人間関係やら、労働環境やらのストレスで体調を崩し、退職に至ってしまったようです。

 

その後youtubeなどの事業を始めたようです。

 

 

2人ともまぁまぁ良い大学、良い会社というルートを歩んでいたのでしょうか。

 

Aさんの話し方からエリート意識が強めな印象を受けました。

 

AさんはBさんのことを心配してイジっているような部分もあるかもしれませんが、相手の頑張っていることを否定しているという点で僕には侮辱しているように思えました。

 

Bさんの反応も本当に気まずそうでした。

 

Aさんが

「良い会社に入ってエリートサラリーマンとしてやるのが一番なんだ。」

「その道を外れたらクソだ。youtuberなんて安定もなにもなにもない。高校生大学生がやるネタだろう」

というような価値観のままでいるということと、さらにその価値観をBさんに押し付けているということが凄く怖かったです。

 

お金というものはそもそも「価値の交換」で、多くの価値を生み出せる人の元にお金は集まってきます。

 

Aさんが他の人には出せない価値を社会に生み出しているのであれば、高い給料を貰えるはずだし、そうじゃないなら正当に評価されるよう転職すればいい。

 

市場価値が高ければ、食いぶちには困らないはずです。

 

ただ、正直大半のサラリーマンは会社に決められたルーティーンにそって作業をこなすだけで、「自分だからできた仕事」の割合は非常に少ないと思います。

 

たとえ自分から発信していって、新しい改革をしたり発明をしたり社内プロジェクトなどを成功させるなどしても、給与に反映されない。

 

されたとしても利益のほんの一部分なことがほとんど。

 

そういった意味では、面白さ、感動、役に立つ知識などを発信することでダイレクトに人のためになっている。

そして、それがウケれば(再生回数が伸びれば)、その分自身の広告収入が伸びるというyoutubeはむしろお金の本質に沿っています。

 

しかも市場として伸び続けているわけですから、十分参入する検討余地はある。

というか今アツいジャンルの一つであるのは間違いないです。

 

 

しかも、自分が発信する(顔出し、声出しなど)ことで影響力がつきます。

 

影響力があるのというのは最強の武器です。

 

影響力があれば、何をするにしても圧倒的に楽になります。

 

影響力がある=集客ができるということだからです。

 

ビジネスで一番大変な部分で肝となるのは集客。

だからこそ世の会社は芸能人、雑誌、CM、アフィリエイターなどに大量に広告費を使います。

 

その集客ができる人間は貴重で「価値が高い」といえます。

 

だからこそ芸能人はCM一本で何百何千万貰えるし、大御所youtuberで動画一本何百万という広告単位になります。

 

逆にいうとどんなに素晴らしい人でも、どんなに素晴らしいモノでも、「知られていなければ意味がない」「ないのと一緒」です。

 

お客さんになる流れとしてはこんなイメージです。

 

認知される→発信に共感する→ファンになる→見込み客になる

 

まず、認知されないと何も始まらないですよね。

 

 

僕自身はyoutube二年ぐらい更新してないですし、僕の影響力なんてミジンコレベルです。

ただ、3ヶ月前に募集した物販コンサル企画でも、youtubeの動画の声を聞いて人柄が出てたので、直感で申込みを決めましたという方もいました。 

 

ミジンコレベルの影響力で恩恵があるくらいなんだから、

何十万、何百万とチャンネル登録者数がいるyoutuberの影響力の強さは計り知れないです。

 

影響力はその他、物販をやるにも最強です。

 

例えば、自社ブランドで商品を作るとなったときに。

仕掛ける人自身に影響力があれば、

「〜が作った」「〜がプロデュースした」

ということで話題性がでます。

 

広告をかけたのと同じ効果がすでにあるわけですね。

 

 

またその影響力を使って人脈も広がります。

 

実際に、芸能人がブランドをプロデュースとか、飲食店を開くとかは無数にあります。

それこそyoutuberでも自社ブランドを成功させている方はちょくちょくいます。

 

そういった可能性のあるyoutube。

 

会話の盗み聞きで恐縮ですが、

Bさんにもぜひ頑張ってほしいと思いました。

 

 

僕がいいたいのは、サラリーマンがダメとか、

youtuberが素晴らしいとかではないです。

 

ただ、生き方が多様化、価値観が多様化している中で

「人を生き方を否定する」というのはナンセンスだと思ってます。

 

自分の人生を楽しく充実して生きていれば、正直他人の人生なんて気にならないですからね。

 

また、新しいことを始めるにあたって、周りから足を引っ張れることは多くあります。

 

「それ危ないよ」

「詐欺だよ」

「安定じゃないよね」

「失敗したらどうするの」

 

この辺りは鉄板ですよね。

 

家族であれば無視できないので説得。

友人レベルであれば無視でいいです。

 

「自分のやりたいことをやる」

「わくわくすることに挑戦する」

 

色々なしがらみはありますが、

「シンプルに自分がどうしたいか」

その気持ちを大切にしてほしいと思います。

 

 

P.S.

 

yutuberといえば、半年前くらいに知って凄いと思ったyoutuberがいるので紹介させて下さい。

 

「レペゼン地球」です。

 

若者の間でカリスマ的な人気・爆発力のあるDJ集団。

 

そのリーダーのDJ社長は事業で失敗を繰り返し、有名人になるしかない。

と決意してDJ活動を始めたそうです。

 

勇気・行動力。人生についての考え方。

DJ社長の人生に本当に引き込まれたし、僕よりも年下なので本当に刺激を受けました。

 

成功へのマインドセットとして学ぶべき、感じるべきことが多くあると思いますので紹介させていただきます。

 

一度こちらの動画はぜひ見てみて下さい。

 


 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。