Pocket

どうも今井です。

 

今回は、「せどり転売、ヤバイ資金がない!そんなときはどうすればいい?」

というテーマで書かせていただきます。

 


 

せどりや転売など有在庫の物販をやっていると

常につきまとう悩みが資金繰りですよね。

 

みなさん仕入はクレカですか?それとも現金ですか?

 

キャッシュフローが有利になる、

ポイント還元でお得になるなど

色んな面で有利になるクレジットカード。

 

おそらくほとんどの人が仕入でクレジットカードを使っていますよね。

 

使うときは便利ですが、

管理を徹底できずに使いまくっていると、

クレジットカード決済前になって慌てて

「お金が足りないかも!!」っていう感じになることないですか?

 

事前に分かっていれば

在庫を売り切るなどで対応することはできますが、

管理ができてなくて直前でヤバイことに気づく‥

こういう状況ではどう対応すれば良いのか、

これから解説していきます。

 

せどり転売「ヤバイ資金がなくてカード決済ができない!」そんなときの対処法

リボ払い

使っているクレジットカードをリボ払い(分割払い)にする方法です。

リボ払いにしている間はリボ払いの手数料がかかってきますが、

資金が入ってきた後に一括でいつでも返済できるので、

一時的なしのぎとしてはメジャーな方法だと思います。

金利としては年利15%という感じです。

ただ注意点としては、カード決済の直前ではリボ払いに変更できない場合も多いです。

 

これはカード会社によってリボ払い変更できる締め日が決まってますので、確認しておきましょう。

また、クレジットカードのショッピング枠とリボ払いの枠は違う場合が多いです。

 

例えばショッピング枠100万円を使って、

後からそれをリボ払いにしようと思っても、

リボ払いの枠は50万円で50万円分しかリボ払いにできない。

 

こういったことも多くあるので事前の確認が大切になってきます。

 

カードローン、ビジネスローン

カードローン、ビジネスローンを使うのも、

一時的に資金繰りを乗り切るために有効です。

金利は15%~18%ほどになる場合が多いと思います。

カードローンは一般消費者向けのカードローンと

事業用につかえるビジネスカードローンがあります。

 

消費者金融はダメ?

CMなどで身近に聞くことも多いので

一時的な資金繰りのためであれば、

消費者金融を考える人も多いのではないでしょうか。

金利としては18%程度です。

ただ、消費者金融は本来一般消費者向けの貸し出しであって、

資金使途(資金の使い道)として事業のための資金には使えない

という規定になっていることが多いです。

 

なのでもしものときは、

基本的に事業用として使えるカードローンや

ビジネスローンなどを利用しましょう。

 

根本的な問題を解決するためには?

一時的にこういったカードローンなどで資金繰りを乗り切ったとします。

ただ、あくまでその場しのぎの対応で、

元々の体制から見直さないといけません。

・どうして資金繰りが間に合わなくなってしまったのかを原因を特定する

・再発しないように、資金繰り管理が必要になってきます。

資金を借りっぱなしにすればもちろん資金繰りは安定しますが、

カードローンやビジネスローンでは金利が多くかかってしまいます。

 

また銀行以外の金融機関から高い金利で借入をしているというのは

個人or法人の信用的にもマイナスです。

なので、事前に銀行融資など低金利で長期的な資金を借入しておいて、

その中で余裕をもって資金を回していくという方法が一番良いと思います。

 

今の金利情勢であれば年利2%前後で借りられるので、

物販やっている人からするとタダみたいなもんですよね。笑

 

今回は「せどり転売でもしカード決済に間に合わないときは?」でした。

 

何かしら参考になれば幸いです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。