Pocket

どうも今井です。

 

物販やられている方は、どこで販売してますか?

 

一口にEC物販といっても色々な販路がありますよね。

アマゾン、ヤフオク、メルカリ、ラクマ、バイマ、楽天、ヤフーショッピング、ebay、アマゾンUSなどなど・・・

 

今日はその中でもアマゾンUS輸出について実情を解説したいと思います。

 

ちなみに僕はアマゾンUSでは月300万円ほど販売しています。

 

もっと売上増やしたいけど資金的にそこまで増やせない部分も大きいですね。笑

 

その理由も含めて以下メリット、デメリットを解説していきます。


 

amazon輸出は稼げるのか?

 

結論としては、普通に稼げます。

為替なども絡んでくるので国内に比べて利益の変動要素が大きいですが、

今は1ドル110円前後ですかね。

それくらいであれば、十分稼ぎやすいと言えると思います。

 

また市場的にもアマゾンUSは流通総額約9兆5,000億ほどとなっていて、

日本アマゾンの規模よりも圧倒的に大きいので、集客力もやはり強いです。

 

商材は何がいいのか?

 

新品であれば、おもちゃゲーム関係が鉄板ですね。

 

任天堂の製品とかはベタですし、アニメ系のフィギュアやゲームなどもよく売れています。

 

あとは包丁とか砥石とかも人気ですね。

 

基本的に日本が優位性を持っているジャンルがやはり良いです。

 

当たり前ですがアメリカのメーカーの商品を輸出しても、基本儲からないですからね。笑

 

ちなみに僕は中古カメラを中心に販売しています。

カメラも日本の優位性がある数少ないジャンルの一つですね!

 

アマゾン輸出のメリット

①国内と価格差で利益が取りやすい

国内の相場とアマゾンUSでの価格差があるものが結構あります。

そういったものをしっかり見つけて販売していくと、利益が取れます。

ただ、もちろん国内と同じく価格競争もあります。

ライバルセラーが0.1ドルずつ値下げしていって競争になって、

結局赤字に・・・

ちゃんと見極めないと、こういうことにもなりかねません。

 

結局海外だから横流しだけで楽に儲かるってわけではないです。

例えばアマゾンセールや楽天セールなど全員が安く仕入できる状態だと、

アマゾン輸出に流す人も一定数出るので、価格競争になりやすい傾向がありますね。

 

・足を使って店舗で安く仕入する

・安く仕入できる業者ルートを開拓する

・メーカー直で仕入をする

安定して稼ぐには、最低限こういったの取り組みが必要になってくると思います。

ここは国内と変わらないですね!

 

②消費税還付がアツい

消費税の還付金って知っていますか?

 

輸出の場合だと、輸出にかかる商品仕入時の消費税と、

その他輸出にかかる支払った経費の消費税が戻ってくる仕組みがあります。

 

この仕組みについては詳しく話すと長くなっちゃうのでまたにしますが、

イメージとしては次のような感じです。

 

(例)

仕入54000円(税込)+送料・手数料などの経費5400円(税込)

→販売60000円(税込)

 

この場合だと仕入時の50000円に対してかかった消費税4000円と、

海外へ納品・販売する時にかかった経費5000円に対してかかった消費税400円

合わせて5400円が還付されるイメージです。

 

還付のタイミングはは基本、年に一度決算申告後に戻ってくるイメージです。

ちなみに4半期ごとの還付も可能です。

 

ただ、当然ですが消費税を支払っていない業者(消費税免税事業者)には

この還付も適用されないので注意してください。

 

逆に国内だけで販売して、売上も利益率も高い場合、

結構高い消費税を国に納めなければならなくなりますよね。

そういった場合に、輸出を始めて還付金で消費税を薄めるというのもありですね。笑

 

ただ、逆にアマゾン輸出にももちろんデメリットがあります。

 

アマゾン輸出のデメリット

①資金回転が遅い

国内のアマゾンでも資金回転が早いとは思いませんが、海外はもっと悪いです。

 

まずアメリカ国内のアマゾン倉庫まで商品が届くまでに1週間〜10日ほどはかかります。

また商品が出品されて販売された後も、国内と同じく2週間単位の入金になります。

 

さらにドルで受け取る形になるのでワールドファーストやペイオニアなど

海外銀行に着金した後に、円に買えて国内銀行の口座に振り込む形になります。

ここで3~4日ぐらいはかかるイメージです。

 

単純に売れる速度が同じと考えると、

資金サイクルが国内の2倍くらいかかるイメージでいると良いでしょう。

 

正直国内アマゾンで資金繰りがやばいとか言っている段階では、

アマゾン輸出オススメできないです。

ただ、よっぽど回転良い商材を持っているなら別です。

 

②返品が多い、返品時処理が少し大変

アメリカは国内に比べて返品率が高いと言われています。

 

僕の場合は国内アマゾンも返品がそこそこ多いと思っているので、

それほど変わらないかな?

とは思ってますが、やはり数字を見るとUSのほうが返品率は若干高いですね。

 

これは商品が悪いというよりも、アメリカ人の気質によるものが大きいです。

 

アメリカ人のノリで購入しちゃう文化なのか、

ECで買うことに抵抗がなさすぎるのか、

とにかく、返品が当たり前の文化が根底にあるようです。

 

また返品時の処理も少し大変ですね。

 

返品されてきたものを日本に返送すると、

1個だけでも1万とかかかってきちゃうので

基本的にはアメリカ国内で売り切っちゃうのがいいと思います。

転送業者などを使うのが一般的ですね。

 

英語のハードルは?

輸出というと、英語のハードルを気にされる方も多いですが、

基本的に英語できなくても問題ないと思います。

 

ありがたいことにセラーセントラルの管理画面も日本語メニューに変換できるようになっていますし、

テクニカルサポートも日本語対応してます。

 

英語を使うのは商品説明文を書くときと、お客さんの問い合わせに対応するときぐらいですかね。

 

その英語もgoogle 翻訳で十分です。

コピペができれば大丈夫ですね。笑

 

まとめ

 

アマゾンUS輸出メリット

・日本の優位性があるジャンルは儲かりやすい

・消費税の還付ができるとアツい

 

アマゾンUS輸出デメリット

・資金回転が遅いので資金力が必要

・返品対応が少し大変

 

正直、最初に入る市場としてはあんまりオススメできないです。

 

大きく稼ぐには資金が結構必要ですし、国内のほうが手っ取り早く稼げると思います。

 

また無在庫はアカウント停止リスクが大きいのでオススメしません。

 

為替に関しては円安になれば儲かるし、

逆に円高になれば赤字になる可能性もあるので

チャンスでもリスクでもありますね。

 

国内である程度稼げるようになって

資金力がついたら参入するという流れがオススメです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。