アマゾンやヤフオクなどECプラットフォームを使った物販は
間違いなく稼ぎやすいです。

きちんとした方法で実践すれば、
誰にでも稼げるようになる再現性の高いビジネスです。

でも、もちろん失敗やリスクはまったくゼロではありません。

・仕入した商品がなかなか売れない
・アカウント停止で資金がロックされるなど

→カード決済に間に合わない!

ときにはそういうピンチになることもあります。

そういったときどうするか。

多くの人はカードローンを借りたり、
クレカをリボ払いにして対応すると思います。

もちろん一時的な資金繰り難を乗り切るために使うのであれば、

カードローンやリボ払いもすごく便利なツールだし、問題ないです。

でも、安易にリボ払いとかを常に使っている方も結構いますよね。

実はそういう方こそ、
銀行融資を視野に入れた方がいいです。

リボ払いやカードローンと銀行融資の大きな違いは金利です。

リボ払いやカードローンの年利15%に対して、
銀行では約2%前後で借りられます。

制度融資などをうまく活用すれば、
1%前後でいけたりもします。

例えば300万円を借りたとして年利15%(カードローン・リボ払い)だと

一年あたり約45万円の金利がかかります。

年利2%(銀行融資)だと

一年あたり約6万円の金利で済みます。

※分かりやすく返済で減っていく元本を考慮してません。

 

この年間で39万円の差は結構大きいですよね。

また、銀行融資を受けると、
個人や会社の信頼も上がっていきます。

返済実績を重ねれば、
次にさらに大きな融資を引っ張ることができます。

つまりは、ビジネスが加速度的に成長していくことができるんですね。

なかには、
せっかく物販事業で売り上げがたってきているのに、

カードローンやリボ払いがあるから
自分は融資は受けられないとか
そんな風に思っている方はいませんか?

全然そんなことはなくて、
物販の売り上げがきちんとたっていて、
事業として成り立っているのであれば、

カードローンやリボ払いがあっても
融資を受けることは可能です。

また考え方として、
カードローンやリボ払いを使っているのに、
「融資は怖い」
というのはちょっと違うかなと思います。

高い金利で不安定な資金を使っているのに
安い金利で安定的な資金はリスクと考えてしまう。

借金=悪という考え方が悪い面で作用している感じですね。

むしろ銀行融資の方が安定していて
リスクも少ないです。

融資を受けて余裕な資金が一部あることで、

大きなロットで仕入したり、
値下げ交渉したり、
外注化したり、
メーカー仕入をしたり、

物販の新しい展開が見えてきます。

また、もしものときのアカウント停止
リスクにも対応できるようになります。

自分を含め、周りの大きく稼いでいる人は
実はみんな融資を受けています。

資金繰りに苦しい。
転売ラットレースから抜け出したい。

そういう方こそ、
銀行融資を検討してみてください。