どうも今井です。

 

ビジネスはタイミング!

とよく言いますが

実際、「いつ参入するのか」

というのは物凄く重要な要素だと思います。

 

 

Youtubeも

仮想通貨も

ネットワークビジネスも

 

始める時期は

早ければ早いほど有利。

 

これは、せどり転売など

EC物販の業界でも一緒です。

 

例えばアマゾン。

僕が参入したのは二年前ぐらいですが

その頃から始めているのと、今始めるのでは

 

アカウントの強さが違います。

 

どういうことかというと、

アカウントの新旧でアマゾンで売れる商品の種類が変わってきます。

 

「古いアカウントで問題なく出品できたメーカーが

 新規アカウントだと出品できない」

 

「新しいアカウントだと

 出品申請(制限がかかっているメーカー商品を出品するための申請)

 も通りにくい」

 

こういったことが

実際にあります。

 

じゃあ

「今からアマゾン転売をやるのは遅いのか?」

 

と言われれば全然そんなことはなくて

 

カメラ転売でも

新品せどりでも

 

まだまだ稼ぎやすいジャンルである

ことに間違いないです。

 

ただ、状況としては

 

・月商1000万円とかの

パワーセラーの数は少しずつ増えつつある。

 

・実践者の人数も増えてきて

単純転売の難易度が若干上がってきている。

 

・規制が厳しくなってきている。

 

それでも他のビジネスと比べて

明らかに稼ぎやすい恵まれた環境ですが、

正直こういう背景もあります。

 

こういった中で、これから参入する

もしくは参入したての初心者がするべきなのは

 

「なるべく早く大きく

 稼げるようになる」

 

ということだと思います。

 

 

 

そのために必要な考え方が

効率化、レバレッジ。

 

先月発売させていただいた教材も

そこを意識して作らせていただきました。

 

物販は仕入資金が超重要な要素なので

 

資金があればかなり効率良く稼ぐことができちゃいます。

 

例えば、

メーカー仕入、卸仕入が開拓しやすい

 

とか、

 

カメラで単価の高い商品とかを扱いやすい

とかだけでも資金がないのと比べて効率化できますよね。

 

 

セミナーも近づいてきましたので

今日から本腰入れて

資料を作っていきますが

 

やはりこの資金調達の部分を中心に

お届けできればと思っています。

 

どうせ物販をやるなら

単純転売で月収5万円、10万円というところだけではなく、

 

その先の大きい世界を見据えて取り組んでいきましょう!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。