どうも今井です。

 

先日、PBM購入者の方々に対して

セミナーを開催してきました!

参加いただいた方ありがとうございました!



最後には僕の新しい企画を案内させていただきましたが

多くの方に参加いただいて、本当に嬉しく思っています。

これから一緒にステージを変えていきましょう!


僕はこれまで情報発信を

大きく表に出ることなく、小さく勉強発信していました。

前に出て喋る機会はコンサル生を教えるときの

小規模の勉強会ぐらい。


なので今回

「多くの知らない人の前で
 単独セミナーをやる」

というのは未知の世界でした。


正直初めての体験で色々と難しかった部分もありましたが、

結果として

「セミナーをしてみて
 本当に良かったです。」


自分でやってみたからこそ、

今まで出会ったことのある

「セミナーの喋りが上手いなー」

という人たちの凄さにあたらめて気づきました。笑

・声の抑揚
・身振り手振り、動き
・間の小ネタ
・具体例・比喩などの表現力

セミナー上手い人って
本当にすごい。


でもそういう人たちも、

もちろん一朝一夕でできるようになったわけではなく、

セミナーの構成をしっかり考えて

数をこなして少しずつ場慣れして

洗練させていったはず。

なんでも最低限量をこなす

というのが

まずレベルアップのために必要ですね!



実は、今回の企画を募集する際、

前回の物販オーダーメイドコンサルの
募集のときのように

メルマガでメールを流して
動画でセールスする形を取ろうか
迷いました。

前回のオンラインの募集方法でも
成約率も悪くなかったからです。

「オンラインで完結するから
 リアルよりも楽だしなー」

「自分はあんまり
 人前で喋るの得意じゃないからなー」

「緊張しいだからなー」

気がついたら
「セミナーって不安だなー」

って気持ちになる。

やらない理由がどんどん出てくる。



でも、自分の心を奥底で

その不安を圧倒的に上回っていたのが

「やってみたい」
「挑戦したい」

って気持ちでした。


・人前で喋るのが下手
・おもしろくない
・緊張しがち

僕は自分のこと
そういう人間だと思っていました。


でもでも
「それ誰が決めたんだ?」

よくよく考えてみると、

「完全に自分が決めつけてるだけ。」


ジャンルに限らず
新しいことに挑戦するときに

やる前から
「自分なんて向いてないから無理!」
って感じで

「自分で自分の可能性を狭めてしまう」

ってこと結構あると思います。

でも、
・じゃあそれ向いてないって誰に言われたの?
・本気でそれをやってみたことあるの?

って話ですよね。


大半は
「自分で自分の天井を低くしているだけ。」

結局向いている向いてないなんて
やってみないと分からない。

僕はそう思うし、
だからこそ、やってみたい。って思ったら、
関係なく挑戦してみる!

ってことを大切にしています。


あたらめてこのマインドでいると
色んな経験ができるし、

どんどん自分の
できる幅も広がっていくなー!
と感じました。


ついつい昔の自分から
「自分はこんなもん」
と思いがちだけど、

人間は成長するものです。

できなかったことが
できるようになるだけで
人が変わるようになります。

今回のPBM VIPコンサル生にも
それを体感してもらいたいです!

まずは最初の面談。

頑張っていきましょー!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。