Pocket

 

どうも今井です。

今回は、商品発送時の留意点について、梱包、発送時に気をつけるべきことについての解説です。

実際の商品の梱包方法についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

ヤフオクで売れたときの梱包方法について解説。丁寧な商品の発送方法とは?


商品発送時の注意点

商品の状態

商品に、ほこり、チリ、汚れ、髪の毛、指紋などが付着していた状態で発送すると、お客様の満足度が下がってしまい、場合によってはクレームにつながる可能性もあります。

商品を緩衝材(プチプチ)などで包む際に簡単にチェックし、汚れなどがある場合には、綺麗に拭き取った状態で発送を行いましょう。

商品発送方法

「精密機器」「こわれもの」などの指定をして、シールを貼ってもらい、より取り扱いに注意してもらうようにしましょう。

レターパックは料金は安いですが、精密機器の指定ができない、商品が発送時に破損した際の損害賠償がないため避けたほうが良いです。

ヤマト運輸、佐川急便、ゆうぱっくなどが一般的です。

ヤフオクで販売した商品を送る際、発送する商品数が多くない場合であればヤマト運輸とヤフーが提携しているサービス、ヤフネコパックもおすすめです。

ヤフネコパックとは?使い方、料金、メリット、デメリットなど解説


緩衝材の量

緩衝材の量が少なすぎると、クッションの役割を十分に果たせずに商品が発送中にダメージを受けてしまう可能性があります。

量の目安としては、梱包後にダンボールを上下に揺らして音がでないかどうかが一つの基準です。

音で出て内部で商品が移動してしまっている状態だと良くないので、緩衝材を追加して入れましょう。

商品、発送先間違い

当たり前のことのようですが、初心者にはよくあるミスです。

「商品の違いが分かっていない」「発送手順に慣れていない」「在庫管理に問題がある」場合などに起こりやすいです。

慣れて作業が早くこなせるようになるまでは、商品名、発送先の宛名をしっかり確認してミスを防ぎましょう。

まとめ

商品を仕入して落札された時点で利益が確定しているため、発送は利益を直接生み出す手順ではありませんが、商品を受け取る側の視点に立ち、丁寧な梱包を心がけましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。