Pocket

 

どうも今井です。

今回はカメラ転売、店舗仕入の一連の流れについての解説です。

ネット仕入だけでも十分に利益が取れますが、カメラ屋が通える範囲にある場合、カメラ転売初心者の方にはネット仕入より店舗仕入がおすすめです。

理由は以下の記事を参考にして下さい。

カメラ転売、初心者のうちはネットより店舗仕入を優先すべき理由



店舗仕入は実際にカメラ屋に行って仕入をするものですが、カメラ屋に入ったことがないという方にとってはカメラ屋に入ること自体が新鮮だと思います。

私も始めはカメラ屋に入るだけで多少緊張したのでよく分かります。

今回はそんな方のために簡単にカメラ転売の店舗仕入の流れについて解説していきます。

 

カメラ転売、店舗仕入の一連の流れ

商品リサーチ

棚にある商品をリサーチしていきます。

始めたての頃は相場も何も分からないと思いますので、片っ端から検索していきましょう。

リサーチして商品状態によってこれは利益が取れそうといった商品が見つかった場合は、商品を取り置きましょう。

商品取り置き

店員さんを呼び、取り置いて貰いたい商品を指定します。

商品を取り置くことによって、「利益が取れるかもしれない商品を確保できる」「店内をじっくり見終わった後にまとめて購入を検討できる」などのメリットがあります。

店によっては取り置きの個数制限などもあったりしますので、指定があるようならそのルールに従いましょう。

大体レジ横、カウンターなどに取り置いてくれることが多いです。

商品検品

取り置いた商品を一つ一つチェックしていきます。

「商品の外観や機能に問題ないか」「問題があったとしてもその状態で利益が取れるのか」を確認します。

不明な点は店員さんに質問してみて下さい。

新しい学びがあることでカメラ転売の仕入力アップにも繋がります。

狙っている利益が取れそうもないのであれば、キャンセルをしましょう。

商品購入を検討して結局買わないというのは一般のお客さんでもよくあることですので、キャンセル行為自体は問題ありません。

商品購入

狙った利益が見込める商品を購入します。

カメラのキタムラではTポイントが貯まったり、お店独自のポイントカードがあるカメラ屋もありますのでお得になるものはどんどん活用していきましょう。

商品購入時の留意点についてはこちらの記事を参考にして下さい。

カメラ転売の店舗仕入、商品購入時に気をつけることとは?


まとめ

今回は店舗仕入の流れについて解説させていただきました。

商品を取り置くことができる点は、カメラ屋に入ったことがない方にとっては馴染みのない文化だと思います。

転売目的で購入することも何も恥ずかしいことではなく、煙たがれることもほとんどなく、店側にむしろ感謝されることが多いです。

もちろん大量に取り置いて大量にキャンセルする、忙しい中しつこく店員を呼びまくるなど、相手方に配慮のない行為はくれぐれも慎みましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。