Pocket

 

どうも今井です。

今回は起業は難しい、やる前からできないと決めつけているあなたへということでマインドセットの動画講義になります。

皆さん起業に対してどのようなイメージを持っていますか。

 

起業の難しいイメージ

自身でビジネスをしたことがない方にとっては「起業=難しい」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

僕も自分でカメラ転売を始めるまでは、「起業は限られた優秀な人たちがする自分とは縁がないもの」だと思っていました。

独立とか、自分でビジネスをするイメージは全く湧いていませんでした。

起業には以下のようなものが必要だと考えていたからです。
  • 類稀なるセンス、才能
  • 一発逆転のビジネスアイデア
  • 多額の資本、人材
僕はサラリーマン時代、銀行で法人融資を主にしていたので、社長さんと会う機会は多かったのですが、色々話を聞いているだけで「自分には到底無理だ・・・」という思いが大きくなるだけでした。

利益が上がっている企業の社長の行動量は半端じゃないものがありますし、赤字の企業の社長の苦労というのもひしひしと感じました。

「こんなに苦労しても赤字なのか」「こんなに苦労しても社長の給与ってこれだけなのか」と思っていた記憶があります。

だからこそネットビジネスを始めて、利益がすぐ上がったことに驚きました。

カメラ転売を始めて2ヶ月目で利益が62万円ほどだったと思います。

起業が難しいと感じる理由

起業が難しいと感じてしまうのは、「馴染みがないから」です。

自分の周りが起業家ばかりであれば、起業が当たり前の感覚になります。

しかし多くの人にとってはそのような環境ではないと思います。

日本の義務教育の過程では「良い大学に行って良い学歴をえて良い企業に入る」=「良いこと」だという認識が一般的です。

起業のやり方は無限大

「世の中に新しいサービスを提供する」「新しいアプリを開発してヒットを狙う」「飲食店を作ってチェーン化を目指す」のような規模の大きな起業も素晴らしいものですが、起業はそのような大それたものでなくても可能です。

「転売、せどり、アフィリエイト、Youtube・・・」などインターネットを使って手軽にビジネスをすることが可能です。

リアルビジネスと比べて圧倒的に小資金で始めることができるのでリスクが少ないです。

ネットビジネスはリスクが限りなく少ない

リアルビジネスであれば、事務所家賃や人件費など多額の経費がかかります。

またビジネス開始段階での初期投資も多くかかります。

例えば飲食店を開業するための初期費用の平均は約1000万円といわれています。

内訳は物件取得費、内外装費、宣伝広告費、備品代など色々ありますが、飲食店を開業したいと考えていたとしてもリスクを考えるとなかなか手が出ない額ではないでしょうか。

反面、アフィリエイトではサーバー代とドメイン代で年間数千円〜数万程度、カメラ転売では初めから気合を入れて撮影器具一式を揃えたとしても5万円あれば十分です。

なのでリアルビジネスで成功する自信があればやりたいビジネスを始めればいいですし、大きなリスクを取りたくない場合はネットビジネスを始めればいいと思います。

自己定義が自分を作る

「自分は能力がない」「自分は馬鹿だ」マイナスな自分を肯定すると、本来あるポテンシャルを潰して、可能性がない自分になってしまいます。

自分は馬鹿だ → 馬鹿になる、馬鹿のまま学ぼうとしなくなる

自分はもう年だから → 挑戦できなくなる

自分は文才がないから → 良い文章が書けなくなる

自分はモテない → モテなくなる

「ダメな自分を肯定するということは、自分自身がダメなままでいいことを肯定してしまっている」ということなので、絶対に良い方向へは変わることができません。

逆に自分自身でプラスの定義をすることによってプラスの自分に近づきます。

「自分なんて・・・」ではなく、「自分でもやればできる」というプラスの自己肯定をしていきましょう。

まとめ

「できっこない」と考えた時点で自らその道での成功の可能性をゼロにしてしまっています。

可能性はいくらでもあるのに、非常に勿体ないことだと思います。

自分でもできるかもしれないと思うためには周りの環境も非常に大切です。

起業家の話を聞いてみる、コミュニティに飛び込んでみるなど、縁がなかった世界と関わりを持ってみることでも、起業はそんなに難しいものではないという認識につながるかもしれません。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。