Pocket

 

どうも今井です。

今回は独立のリスクとサラリーマンのリスクについてのマインドセットの動画講義となります。

 

あなたにとってのリスクとは?

人生の中には数え切れないほど様々なリスクがありますが、あなたにとっての一番のリスクは何でしょうか。

もしかしたら多くの方は収入を失うことを一番にイメージするかもしれません。

これは人の価値観によって様々ですが、僕の中での一番のリスクは「やりたいことをできないこと」です。

お金はあくまで選択肢を増やすための手段でしかないからです。

極論、収入がゼロになったとしても今の日本で野たれ死ぬことは逆に難しいですし、生活保護でもホームレスでも生きて行くことは可能です。

僕はお金がなくなることよりも「やりたいことを何もできない」「望むライススタイルを送れない」まま、死ぬことの方が怖いです。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

失敗を恐れるあなたへ。人生においての最大のリスクとは?



次に、僕が考えるサラリーマンのリスクと独立のリスクについて以下比較していきます。

サラリーマンのリスク

僕が考えるサラリーマンのリスクは「自分自身で決められないことが多いこと」です。

給料は雇用契約を元に会社の業績や自分への人事考課によって左右しますので、給料を自分で決めることができません。

転勤がある会社であれば多くの場合、会社都合で転勤するリスクがあり住みたい場所に住むことができません。

自分がやりたくない仕事、やりたくない仕事関係なく、上司からの指示で業務内容が決まるのでやりたい仕事をすることができません。

どんなに人間的に好きではない人が職場にいたとしても、一緒に働く人を選ぶことはできません。

このようにサラリーマンのリスクは「会社によって決められていることが多く、自分で決められないことが多い」ことが挙げられます。

独立のリスク

僕が考える独立のリスクは、「保証されている収入がないこと」です。

サラリーマンであれば、その人個人がどれだけ会社に利益をもたらしているかどうか関係なしに最低限の給与は保証されます。

対して、独立する場合は利益を上げないと収入が入ってきません。

福利厚生もありません。

独立しても安定収入を作ることは充分に可能ですが、稼ぐための仕組みを作る必要があります。

このように独立した場合は、よくも悪くも自分次第ですべての結果が跳ね返ってきます。

まとめ

サラリーマンの一番のメリットは決まった給与が保証されていることです。

独立してそのメリットを失うことは非常に怖いと感じる方も多いと思います。

そのような方は副業でビジネスを始めてみるのが良いと思います。

プライベートな時間はかなり少なくなりますが、金銭面でのリスクはほとんどありません。

そして副業でも充分な収入を得ることができると感じたときに独立を検討すれば良いと思います。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。