どうも今井です。

今回は転売、せどりで経費計上できるものをまとめた記事になります。

転売、せどりで計上できる経費をしっかり計算して利益を出さないと、必要以上の税金を納めることになってしまい、手元に残る金額が減ってしまいます。

経費計上できるものについてしっかり確認をしておきましょう。

 

必要経費の考え方

仕事を行うために必要な費用」が必要経費です。

業務をする上で関係ない支出は、経費に計上することはできません。

転売、せどりで計上できる経費のまとめ

地代家賃

事務所や倉庫の賃貸家賃がこれにあたります。

自宅の一部を事務所として使っている場合にも地代家賃は計上できます。

その際は、事業用に使用している面積と生活用に使用している面積を按分して「事業用に使用している部分」が経費となります。

水道光熱費

事務所の水道光熱費なども経費になります。

自宅を兼ねている場合は、地代家賃と同じく事業として使用している分だけを経費として按分して計算します。

賃借料

土地建物以外のものを借りた場合、リースした場合にかかる経費です。

転売、せどりの場合、機材レンタル料、レンタカーなどが考えられます。

通信費

インターネット・電話代・郵便料金にかかる費用です。

電話、サーバー利用料、プロバイダー料金、ケーブルテレビ加入料なども経費になります。

事業外でのプライペートでも使用している場合は使用日数や使用時間から按分して計算します。

接待交際費

事業を円滑に行うために得意先や取引先に対する接待に関する費用です。

お歳暮、お中元、お土産、食事代、パーティ代、ゴルフ場利用料、開店祝い、出産祝い、お車代などが例として挙げられます。

また飲食費に関しては原則1人5,000円を超えるものは接待交際費になります。

会議費

会議に関してかかった費用や、事業の取引先との社外での打ち合わせや会議に関して使用された費用のことです。

飲食費に関しては1人5,000円以下の場合は会議費になります。

外注費

作業を外注している場合は外注費として経費計上ができます。

支払手数料

振込手数料や弁護士、税理士など外部の専門家に対する報酬の支払い。

オークションの落札手数料なども支払手数料に入ります。

旅費交通費

仕入にかかる交通費、業務上必要な打ち合わせ、会議などへ移動するまでの交通費などが挙げられます。

領収書が貰えなかった場合でも、かかった交通費に対し、出勤伝票を作成する、エクセルなどのデータで交通費精算書として整理しておくことで経費の資料となります。

電車代が主な場合などはパスモやスイカなどをチャージするたびに領収書を貰えばそれで事足ります。

またオートチャージを使用している際はクレジットカードの明細に残るため、事業用に出費した分だけ整理しておきましょう。

車で仕入を回った際などはガソリン代などのレシート、有料道路の通行料金代の領収書などを保管しておきましょう。

ETCカードの場合はクレジットカードの明細に記載されているため、事業用に支出した分を整理しておきましょう。

消耗品費

転売、せどりに使う消耗品の費用です。

ノート、ボールペン、シャーペン、コピー用用紙、電卓、プリンターのインク代などが挙げられます。

基本的には領収書を保管するようにしましょう。

領収書がなくてもクレジットカード決済などで利用明細書や普通預金からの引き落とし履歴が確認できるのであれば問題ありません。

荷造運賃

商品・製品を梱包する際の荷造り費用と商品・製品の郵送・配送を業者に任せる際の発送費用が荷造運賃にあたります。

例としては、段ボール箱、緩衝材(発泡スチロール、気泡シート等)、ガムテープ、郵便手数料、宅配便料金があります。

まとめ

転売、せどりで関係する可能性のある経費をまとめました。

言うまでもなく、経費で計上できるものはすべて経費計上したほうがいいです。

払ったもので領収書が貰えるものはすべて貰って保管しておきましょう。

記帳など会計関係を一人でやるのは非常に手間なので、ある程度安定した利益が上がっている場合は、税理士に任せることをおすすめします。

税制は複雑かつ改正が多いので、専門家の意見を聞きながら経費にできるものを経費にしていきましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。