Pocket

 

はじめまして今井と申します。

今回動画では、カメラ転売とは何か?ということについて動画でお伝えしています。

せどり、転売に興味ある方はもちろん、「カメラ転売ってなんですか」「聞いたことない」って方にもぜひ参考にしていただきたいと思います。

転売で扱う商品には、本、ゲーム、おもちゃ、バック、時計、洋服、家電・・・様々なものがありますが、なかでもカメラ転売は最も稼ぎやすいジャンルです。
  • カメラなんて触ったことないし・・・
  • 使い方が分からないのに売れるのかな・・・
  • 精密機器だからなんか難しそう・・・
 

カメラを扱うというと、上記のようなイメージをもたれがちですがカメラ転売をはじめるにあたってはカメラ未経験でも全く問題ありません。

細かい使い方や商品スペック、その他カメラうんちくを知らなくても、単純に安く仕入れて高く販売すれば良いのです。転売の基本は安く買って高く売る、これにつきます。

仕入するものを探して、その商品が安いかどうかはリサーチした上で購入するのか決定するのでリスクはほとんどありません。

実際僕も一眼レフを触ったことがない状態でカメラ転売をスタートしました。

友達の持っている一眼レフカメラを見て、かろうじて「ボディとレンズって交換できるものなんだ」ということを知っていたぐらいのレベルです。

また、カメラ転売を聞いたことがある人や、興味を持っている人がよく気にされていることとして飽和というワードがあります。

カメラ転売が有名になっている、流行っているので稼げなくなっているのではないか、と懸念されている方が多いのです。

僕がカメラ転売をはじめた2015年11月にも「カメラ転売はもう飽和しているのではないか?」とすでに言われていました。

しかし実際始めて見ると、未経験から開始2ヶ月目で利益60万円を超えることができました。

人は何か新しいことを始めるにあたって、ついついリスクやデメリットを探してしまいますが飽和というリスクもただの杞憂でした。

カメラ屋さんには次々に新しいカメラが入荷していきますし、一日に何回も品出しが行われていきます。

インターネット上にも次々に新規入荷の中古商品が入荷されてきます。だいたい1兆円規模のマーケットを個人が飽和させるなんてこと不可能ですよね。

カメラ転売と飽和に関して、詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

カメラ転売の飽和の真実



全く苦労せずに、全く行動せずに楽に稼げる!」なんて嘘を言うつもりはありませんが、きちんとした稼げるノウハウで継続して行動することができれば、最速で稼ぐことができてしまうのが、カメラ転売です。

僕自身、こんなに簡単なビジネスはないと思っています。

このブログでは今後もカメラ転売で稼いでいくための情報を発信していきます。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。