Pocket

 

どうも今井です。

本日はオークファンプレミアム会員とオークファンプロの違いについての動画講義です。

どちらも商品落札相場の検索ができるツールですが、その違いについて詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

オークファン プレミアム会員 月額980円(税込)

・過去10年間の落札相場検索

・入札予約無制限で利用可能

・かんたん出品ツール無制限で利用可能

・出品モニターツール無制限で利用可能

・一括評価ツール無制限で利用可能

期間おまとめ検索月1000回まで

オークファンプロ 月額3066円(税込み

・オークファン プレミアム会員で利用可能な相場検索に関する機能すべて

期間おまとめ検索無制限で利用可能

・専用サーバーでの稼動により検索結果の表示速度向上

・カテゴリ別、時間帯別にデータを表示するデータ分析

・カテゴリ別の中長期の傾向が把握できるトレンド分析

・トップセラーの販売傾向がわかるトップセラー分析

 

オークファンのプレムアム会員とオークファンプロは会員のグレードが違うのではなく、サービスそのものが違います。

ざっくりとした違いを一言でいうと、オークファンプロ=オークファン+データ分析機能といったイメージです。

相場検索の画面1つとっても、検索や絞り込みのやり方などリサーチの方法が微妙に異なってくるので、使い勝手などに細かな違いはありますが慣れの問題なのでそこまで気にしなくていいと思います。

カメラ転売において重要な違いが、期間おまとめ検索の回数制限の有無です。

通常検索では1ヶ月ごとの検索しかできませんが、期間おまとめ検索により期間を指定して一括で検索することが可能になります。

例えば、2016年2月〜2016年7月の相場検索を行いたい場合、通常検索では2016年2月の1ヶ月分の相場をチェックして、次に2016年3月の相場をチェックして・・・と繰り返す必要があります。

期間おまとめ検索を利用すると、2016年2月〜2016年7月の相場が一括でまとめて表示されます。

オークファンでは月間での期間おまとめ検索が1000回までとなっているので、1000回を超える場合は、別のオークファンプレミアム会員のアカウントを取得することになります。

月2000件までのリサーチであれば、アカウント2つ月3000件までのリサーチであればアカウント3つで対応できるということです。

オークファン プレミアム会員の月額価格は980円、オークファンプロの月額価格は3066円なので、期間おまとめ検索を月3000回以上行うのであれば、オークファンプロに登録しておいたほうがお得です。

未経験でこれからせどり、転売をはじめてみたいという方は、まずオークファンのプレミアム会員に登録し使ってみてサービスで足りない部分を感じたらオークファンプロに移行していくのがいいと思います。

動画でも詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。