Pocket

 

どうも今井です。

今回は資本管理のために必要な財務の基本的な考え方、バランスシート(B/S)について解説です。

会社を経営していたり、会計業務を行っている方はもちろん、簿記を勉強したことがある方などには当たり前の知識かと思いますが、この記事ではバランスシート、貸借対照表について全く分からないという方のために基本を解説していきます。

 

バランスシート(B/S、貸借対照表)とは?

財務状況を表すもので、下の図のように「資産」と「負債」と「資本(純資産)」の3つの要素があります。

bs
上図のように左側が「資産」で、右側が「負債」+「資本」という構成になっています。

右側と左側の合計は一致していて、右側が資金をどの様に調達してきたかを示しているのに対し、左側は、調達してきた資金をどの様に運用しているかを示します。

以下、それぞれ資産負債、資本(純資産)について簡単に解説をしていきます。

資産

所有している現金・商品・建物・土地・債権などの財産のことです。

例としては、現金、預金、受取手形、売掛金、在庫、貸付金、土地、建物、備品などがあります。

負債

負債とは、銀行などから借金をしたり、物を買った代金が未払いであるなど、将来なんらかの支払いをしなければならない義務=債務のことです。

例としては借入金、支払手形、買掛金、未払金、預り金などがあります。

資本(純資産)

事業を始めるにあたっていくらかの資金を元手にしてスタートしますが、その初めの資金のことです。

始めた事業が儲かれば利益が出ますが、その利益の蓄積分も資本に含めます。

逆に赤字が出れば、資本は減少していきます。

資本、負債、純資産の関係

図の通り、左側(借方)と右側(貸方)の合計は同じになるため、

資産=負債+資本(純資産)

資産−負債=資本(純資産)

というような関係が成り立ちます。

赤字続きで資産よりも負債の方が大きくなってしまっている場合は、資本(純資産)がマイナスになります。

この資産よりも負債+純資産の方が多い状態は債務超過と呼ばれて財務的に非常に不健全な状態であることを表します。

つまり、会社の財産をすべて売って借金を返したとしても借金が残ってしまう状態です。

個人でビジネスをする上でもこの資本の部分がどれだけ増えているのか、減ってしまっているのかということを確認することが大切です。

まとめ

資産、負債、純資産(資本)の関係を簡単に解説させていただきました。

カメラ転売でも在庫が数多くなってきたり、クレジットカードによる仕入が多くなってきた場合など、「今現在の資本が一体いくらあるのか」を把握しずらくなってくる場合があるので注意が必要です。

いくら副業や個人事業主といっても、月1程度で資本を把握するようにするのが良いと思います。

「気がついたら資本が減ってほとんどなくなっていた」「気がついたら債務超過になっていた」などの恐ろしい事態にならないようにきちっと管理していきましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。