どうも今井です。

今回は、デジタル一眼レフカメラのシャッター回数を調べる方法についての解説です。

シャッター回数とは?

シャッター回数とはシャッターを切った回数のことで、「レリーズ数」、「ショット数」と呼ぶこともあります。

中古車で言うところの、走行距離に当たるものです。

カメラのシャッター回数にも限界があって、5万回から40万回程度まで機種によって耐久回数が異なります。

もちろん耐久回数を超えた瞬間に必ず壊れるというものでもなく、あくまで使用できる目安が耐久回数です。

シャッター回数が耐久回数を越えた場合や、シャッターが壊れた場合は、シャッターユニットの部品交換をする必要がでてきます。

シャッター回数と販売価格の関係

基本的にはシャッター回数が少なければ少ないほどいいですが、いちいち仕入したデジタル一眼レフカメラのシャッター数をすべて調べるのはおすすめしません。

手間がかかるわりには、リターンが少ないからです。

高価格帯(単価が約5万円以上のもの)以外の、2~3万以下ぐらいの価格帯のものであれば、シャッター数でそんなに価格が大きく変わるわけでもないので、いちいち調べるメリットは薄いと思います。

また、中古カメラで出回っている商品としては、シャッター回数が数万程度のものが多いので、1万未満であればアピールするメリットがあります。

よって高価格帯のものであればシャッター数を調べてみてもいいと思います。

シャッター数の調べ方

Windows、Mac共通(ショット数.comを使う方法)

Macのみ(プレビューで確認する方法)

 

まとめ

高価格帯のモデルやプロ仕様のモデルなどではシャッター数が少ないことによって価格が変わってきます。

シャッター数が少ない場合にはその部分をしっかりアピールしたほうがいいため、今回紹介した方法を使って調べてみて下さい。

動画で詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。