Pocket

どうも今井です。

カメラ転売の肝はやっぱり仕入。

 

よく聞かれる質問の一つに「店舗仕入とネット仕入どっちが良いですかー?」

というものがあります。

 

特に仕入ができない初心者のうちは

「どうすれば仕入できるんだろう‥」

「どのやり方が効率良い仕入なんだろう‥」

特に悩まれる方も多いと思います。

 

そんな方のために、今回は店舗仕入れネット仕入れの比較をしていきます。

 

動画もとってますので、動画で聞きたい方はこちらをどうぞ


目次

店舗仕入れとは?

もしかしたらせどり転売を始めたことがない方は

店舗仕入れといってもイメージがわきにくいかもしれません。

店舗仕入れとは、実際に小売店の実店舗に自分自身で足を運んで

商品をリサーチして利益が取れる商品を仕入れする

という方法です。

リアル仕入れとも呼ばれています。

店舗仕入れのメリット

①商品の実物を見て確認できる

実際に商品を手にとって確認できるのが一番のメリットです。

中古品の転売の場合、商品の状態確認(検品)が非常に大切になってきます。

中古品は商品の状態によって売れる価格が異なるからです。

カメラの場合でも商品状態によって商品の売れる価格は大きく変わります。

ボディであれば、外観のスレ傷はどうなのか、機能に問題ないのか

レンズであれば、外観のスレ傷に加えて、光学(レンズの中身)の状態はどうなのか

実際に買う前に手にとって、自分の目で検品できるのが店舗仕入れの良い点です。

②店員とコミュニケーションが取れる

その店舗の店員と直接コミュニケーションが取れることもメリットの一つです。

商品についてわからないことがあれば、その場で聞くことで疑問や不明点を解決できます。

またコミュニケーションをしっかりとっていき、

繰り返し仕入することで関係性を深めることもその先の仕入で有利になることも

多くあります。

③店舗によっては穴場がある

店舗仕入はライバルが多いんじゃないの?

と思われる方も多いかもしれませんが、

ライバル(競合)が一定数いるのは店舗仕入れもネット仕入れも同じです。

逆に店舗のみでネットに併売されていない商品の場合は

立地が悪かったり、認知度が低かったりする店舗が

逆に穴場でライバルがほとんどいないということもあります。

店舗仕入れのデメリット

①移動時間がかかる

自宅や事務所から、店舗までの移動時間がかかってしまうのが一番のデメリットです。

店舗が遠方の場合、例えば片道1時間かかってしまうとなると

その分時間がかかってしまうので回れる店舗やリサーチできる商品数が

限られてしまいます。

電車移動でも車移動でも

移動効率が良いようにルートを考える必要があります。

②交通費がかかる

移動の際に交通費がかかってしまうのもデメリットの一つです。

電車移動の場合は電車代がかかりますし、

車移動の場合はガソリン代や場合によっては高速代がかかってきます。

交通費と移動時間を含めてリターンがどうなのかを

考える必要があります。

③店舗によって物量、回転に限りがある

大きな店舗で物量も多く、棚の回転が早いという店舗もあれば、

商品数が少なく回転頻度も少ない

といった店舗もあります。

中古カメラは他の中古ジャンルに比べると比較的モノの回転は早いので

1日に何度も品出しがされる店舗も多いですが、

1週間に1度しか変わらない店舗ももちろんあるので

そういった店舗だけで仕入をしようとしてもどうしても限界があります。

こんな方に店舗仕入れはおすすめ

①首都圏などお店の数が多いところに住んでいる

東京周辺や大阪、名古屋など比較的都市圏に住んでいて

周りに仕入できる店舗が多い場合は店舗仕入れはやりやすいと思います。

逆に地方は全くダメなのか?

といわれると全然そんなことありません。

むしろライバルが少ない分、おいしいことも多くあります。

②車で効率良く回りやすいルートがある

都心部でない郊外であれば、車で回ることも多いと思いますが、

車での移動を考えて効率良いルートができる場合は

車での店舗仕入でも効率良く稼げます。

その際、移動時間が少なく店舗を回れるようにルートを考えましょう。

Googleマップのマイマップの登録もオススメです。

こちらの記事を参考にどうぞ。

【無料のみ6つ厳選】本当にオススメできるAmazonせどりアプリまとめ

③仕入れ初心者

カメラ転売の初心者は店舗仕入れからスタートするのがオススメです。

なぜかというと実際に商品を見ながら検品できる

という部分が大きいです。

ネット仕入れの場合だと実際に商品が見れない分、

最低限の経験があった方が良いです。

初心者の状態からネット仕入れをスタートすると、

仕入れの見極めの基準が全くわからず、失敗しやすいです。

店舗仕入れはどこで仕入れができる?

実際にカメラ転売で店舗仕入れができる場所を特別に紹介します!

①カメラ専門店

・カメラのキタムラ

・フジヤカメラ

・マップカメラ

・その他地域のカメラ屋

②リサイクルショップ、中古家電ショップ

・ハードオフ

・ブックオフ

・ソフマップ

・じゃんぱら

・セカンドストリート

・トレジャーファクトリー

・その他地域のリサイクルショップ、家電ショップ

店舗仕入れの方法

店舗仕入れの方法ですが、

利益を取れる商品を探す(リサーチ)→購入する

という流れです。

基本的にはシンプルに買うだけなんですが、

取り置きや検品などカメラ転売特有の部分もあるので

詳しい流れに確認したい方はこちらの記事を参考にどうぞ!

カメラ転売、店舗仕入の一連の流れ

ネット仕入れとは?

ネット仕入れとはインターネット上で仕入れを行うことです。

オークションサイトやフリマサイト、ネットショップなど

オンライン上でリサーチを行なって利益が出る商品を仕入れる

というやり方です。

電脳仕入れとも呼ばれています。

ネット仕入れのメリット

①リサーチ数を増やすことができる

ネット仕入ではパソコン、スマホ、タブレットなどがあれば

どこでもリサーチができちゃいます。

なので移動時間もかからず、次々に商品を見ていくことができます。

もちろん熟練度によりますがある程度経験を積んだ人であれば

早い速度で数多い商品をリサーチできます。

②隙間時間に仕入れできる

店舗仕入れであれば、実際に店舗に行ってリサーチをするので

よっぽど店舗が近くにある場合を除けば、

5分の間に仕入完了!というのは難しいです笑

ただ、ネット仕入れであればスマホからでも仕入れはできますので

例えば本業の仕事の間の休憩時間やお昼休みの時間など

少しの隙間時間でもリサーチができます。

なかなか実店舗が空いている時間に店舗にいくことができない・・・

っていう副業の方には特に大きなメリットだと思います。

ネット仕入れのデメリット

①仕入の際に商品実物を確認できない

ネット仕入れのデメリットといったらまさにコレです。

仕入れの際に商品現物を見て確認ができないので

商品状態については商品写真や商品説明文をもとに

ある程度推測して仕入れする必要があります。

商品説明などもネットショップのお店ごとに

微妙に書き方が異なったり、基準が違ってくるので

そのクセも把握しながら仕入れするのがベストです。

このデメリットがあるので、僕は初心者には

まず店舗仕入れである程度(副業であれば月収5〜10万円程度)稼ぐ経験をつけてから

ネット仕入れに取り組んでくださいというアドバイスをしています。

こんな方にネット仕入れはおすすめ

①副業の方

副業で実践されている方でどうしても店舗に行く時間がない

という方も多いと思います。

その場合はネット仕入れをぜひ有効活用してください。

②近くに仕入れできそうな店舗がない方

田舎なのでで近くに仕入れできる店舗がない!

という方はネット仕入れで頑張りましょう。

多少遠出してでも、まずはじめの何回かは実店舗仕入れをしてみて感覚をつかむ

というのは必要だと思いますが、その後ネット仕入れを中心にすると良いと思います。

③商品の状態見極めがある程度できる方

カメラ転売の経験があって商品の検品にある程度慣れている方は、

ネット仕入れでも全然問題なく稼げます。

ネット仕入れはどこで仕入れができる?

①ネットショップ

・カメラのキタムラネットショップ

・マップカメラ オンライン

・フジヤカメラ オンライン

・松坂屋カメラ

・チャンプカメラ

・J-カメラ

・トップカメラ

・CAMERA fan

②オークションサイト

・ヤフーオークション(ヤフオク)

・楽天オークション(楽オク)

・モバオク

③フリマサイト

・メルカリ

・ラインモール

・ラクマ

・ジモティー

ネット仕入れの方法

基本的な流れは商品をかたっぱしからリサーチして

利益を取れるモノを仕入(購入)していく

というシンプルなものです。

まずネット仕入れで最もメジャーだといえるヤフオク仕入れの方法を解説します。

①ヤフオク仕入れの方法

カメラ転売のネット仕入ノウハウ、ヤフオク仕入のリサーチ方法

またヤフオク仕入れでの注意点はこちらで解説しています。

こちらの記事も参考にしてみてください。

カメラ転売初心者にありがち!?ヤフオク仕入で失敗してしまう5つのパターン

次にフリマサイトで最もメジャーであるメルカリ仕入れの方法を解説します。

スピード勝負な部分があるのでネット仕入れの中では中級者以上向けだと思いますが

ぜひ挑戦して見てください!

②メルカリ仕入れの方法

カメラ転売のネット仕入れ、メルカリで商品を仕入する方法と特徴について解説

それでも仕入れができない人は?

正直色々な方に話を聞いても、カメラ転売で一番多い悩みが「仕入れができない!」です。

実際、店舗仕入れでもネット仕入れでも全然仕入れはできちゃうんですが、

なぜか仕入れができない!という方は多いです。

個人的に仕入れができない理由は大きく分けて以下の3つだと感じています。

カメラ転売で仕入れができない理由

①やり方が間違っている

リサーチ方法がそもそも間違っている場合です。

これは正直、進んでいる方向が違うので

いくら頑張っても結果につながらない

という一番残念なパターンです。

今は情報が溢れている時代なので、無料のものでも正直、ある程度は十分稼げてしまいますが

その中でも情報と自分の中にズレがあって、頑張る方向性を間違えてしまう場合は多々あります。

しっかりとした教材を購入したり、ちゃんと稼いでいる実績のある人のサポートを受ける

などして方向修正するのが良いと思います。

②仕入基準が間違っている

仕入基準が間違っている場合も原因の一つです。

例えば、初心者なのに単品利益1万円以上だけを狙っている場合などです。

この例はちょっと極端ですが、最初から大きな単品益や高すぎる利益率を狙っても

なかなかモノが見つからりずらいです。

例えば、最初は単品利益2000円以上3000円以上など、ある程度モノが見つかりやすい基準を設定して

仕入して売るという経験を積んでいく方が結果的に伸びも早くなります。

ただなかには「赤字でもいいからとりあえず100個転売しろ!」

という塾もあるようですが、

実際に利益が取れる実感がわかないと行動も続かないし意味がないので

利益をしっかり狙って行って仕入するのが前提です。

③リサーチ量が足りない

初心者の方で「仕入できるものが見つからないです‥」という場合に原因は9割方コレです。笑

単にリサーチの数が足らない状態です。

最初はなかなか見つからないのが当たり前ですし、

リサーチ数と経験を積みまくって効率が上がっていくものなので

厳しいようですが、リサーチ数の基準値が低すぎる場合は仕入できないのは当たり前です。

まとめ

店舗仕入れでもネット仕入れでも、正直どちらでも仕入はできますし利益はとれます。

ただ完全な初心者の場合は、

ネット仕入れは中古品の状態の見極めが少しわかりづらいので

まずは店舗仕入れで経験を積んで自分の仕入れ基準・検品基準をつくるのが

オススメです。

ある程度慣れてきたら一番利益を上げれるのは、

店舗仕入れもネット仕入れも両方やるハイブリット型なので

組み合わせていくのが良いです。

 

またこの記事を見て取り組んでもなかなか仕入ができない場合は

メルマガ登録で僕のカメラ転売教材をプレゼントしていますので

そちらをぜひ受け取ってご活用してください!

メルマガ登録フォーム

最後までご覧いただきましてありがとうございました。