Pocket

 

どうも今井です。

今回はカメラ転売の仕入商品リサーチ方法についての解説です。

 

商品リサーチ方法

オークファンでは、検索窓に商品名を打ち込んで検索を行っていきます。

メーカー名(スペース)商品の型番

でリサーチしていくのが基本です。

また、カナタナ表記で売られているものでも、アルファベット表記での検索が基本となります。

(例)

ニコン×   → NIKON○

キヤノン×  → CANON○

ニッコール× → NIKKOR○

なお、オークファン、オークファンプロともに大文字、小文字の区別が行われないため、小文字検索で問題ありません。

検索対象の絞り込み方法

リサーチしたい商品と別の商品が多く検索結果に表示されてしまっている場合は検索対象の除外を行うこともできます。

オークファンでは、検索窓に「-除外したいワード」を入れることで、除外したいワードが含まれている検索結果を除外することができます。

NIKON Ai 50mm F1.4の相場を調べたい場合で、NIKON Ai-s 50mm F1.4のレンズを対象から除外したい場合、

nikon ai 50mm f1.4 -ai-s

と入力します。

または、検索除外ワードの入力欄が別にあるため、そこに直接除外したいワードを入力することでも検索対象の除外ができます。

その場合、除外したいワードの前の「-(ハイフン)」は不要です。

検索期間を広げる方法

検索を行って、表示されるのは直近30日の相場です。

直近30日の相場で商品数が少ない場合、期間を広げて検索します。

具体的には、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月など期間を指定して、期間おまとめ検索を行います。

期間おまとめ検索についてはこちらの記事を参考にどうぞ

オークファンプレミアム会員とオークファンプロの違い


検索結果の並び替え方法

また検索した商品が一覧ででてきた後、落札価格が高い順に並び替えることで相場がより見やすくなります。

またオークファンプロの場合、1ページあたりの表示数を多くすることで商品一覧が1ページにおさまるようにまとめることも可能です。

まとめ

オークファン、オークファンプロはカメラ転売における最重要ツールです。

何度もリサーチして使い方に慣れていきましょう。

動画ではオークファンを使った実際のリサーチ画面を紹介していますので参考にしてみてください。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。