どうも今井です。

今回は要注意!ヤフオクアカウントが制限されてしまう原因と対策まとめ。出品制限、利用停止、登録削除とは?ということでヤフオクアカウントの制限についての解説です。

ヤフオクのアカウント制限は次の3つに分けられます。
  • 出品制限
  • 利用停止
  • Yahoo!Japan IDの登録削除
以下この3つの違いについて説明していきます。

 

出品制限とは?

出品中のオークションがすべて自動で取り消しされます。

出品、再出品を行うことができなくなります。

自分のYahoo!Japan IDでログインしている場合に、出品制限中と表示されますが、

他の利用者には出品制限中であることは分かりません。

利用停止とは?

出品、入札、取引相手への評価、取引ナビの投稿・閲覧、連絡掲示板への投稿、ウェッチリストへの追加などの機能が使えなくなります。

取引相手が利用停止になった場合、こちらから相手への評価は行うことができますが、相手からこちらへ評価することができません。

こちらから利用停止になった相手に連絡する手段としては、連絡掲示板、評価コメント欄に書き込む方法がありますが、こちらから書き込むことで相手は閲覧することができるだけで返信はできないことに留意して下さい。

Yahoo!Japan IDの登録削除

同じYahoo!Japan IDの再登録、利用登録ができなくなる。

ログインが必要なすべての機能が使えなくなる。

取引相手が登録削除された場合は連絡手段はありません。

落札システム利用料が確定するタイミングで落札者がいると、取引していなくても落札システム利用料がかかるため、シスレム手数料を取消するために落札者の削除を行う必要があります。

アカウント制限の原因

  • 利用規約やガイドライン違反したとして第三者から通報された
  • 出品禁止とされている商品を出品した
  • 紹介画像が少なすぎる場合
  • 画像の無断転載
  • 中身が分かりにくい
  • 商品が手元にない可能性が疑われる
  • 取引の回数、評価の数が少ないのにも関わらず高額商品を出品している
  • 自演による価格のつり上げを行っている
  • 違反行為を繰り返している
  • 著作権絡みで著作権者からのクレーム
  • 利用料の未払い
制限がかかった際に明確な理由が伝えられるわけではないので、制限後になぜ制限がかかってしまったのかを知ることはできませんが、原因としては上記のような理由が考えられます。

制限は解除できるのか?

Yahoo!IDが削除されてしまった場合は一番思い処分がされたということで、かなり悪質な出品者として判断された可能性が高いでしょう。

この場合、同じIDを再作成することはできないので、再開したい場合は諦めて他のIDを作りましょう。

その際、規約違反などの心あたりがもしないようであれば、お問い合わせにより原因を把握しておくことが大切です。

別アカウントで始めて、また訳も分からずID削除されることはなんとしてでも避けましょう。

利用停止、出品制限の場合は、解除申請を行うことにより停止、制限が解除できる場合があります。

出品制限の方がより軽い処分なので、利用停止より出品制限の方がより制限解除の可能性が高いです。

制限を解除する方法

解除申請を行います。

ストアの場合、電話での解除申請も可能ですが、個人の方はメールにて解除申請を行います。

メールでの解除申請は、アカウント制限のお知らせメール内に記載されているお問い合わせフォームから行うことができます。

制限通達のメールには、制限がされた旨、質問事項、依頼事項などが記載されていますので質問に答えつつ、丁寧な文章で解除を依頼することが大切です。

解除する際のポイントは以下の通りです。

与えられた質問にすべて答える

・利用規約がガイドライン違反があった場合には謝罪をする

・今後規約を遵守することを約束する

・利用料の未払いなどがある場合は早急に支払う

 

解除申請の結果、問題なしと判断されれば数日〜一週間程度で出品制限が解除されることが多いようです。

出品制限が解除されたら、その旨のメールが届きますので、そのメールにより出品制限の解除を確認することができます。

 

まとめ

制限を受けてしまうと、販路がなくなりビジネスができなくなってしまいます。

利用規約やガイドラインに違反しないことはもちろん、疑われるような行為を慎み、信頼を獲得していくことが非常に大切です。

ヤフオクの利用規約、ガイドラインが変更されることもよくありますので、注意してみていきましょう。

動画でも詳しく解説していますので、良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。