どうも今井です。

今回は大判レンズ FUJINON SW 90mm F8の検品方法、レンズシャッターの確認方法について解説しています。

クラシックカメラが趣味でない限りは馴染みがない方がほとんどだと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

このレンズはレンズにシャッターがついている、レンズシャッター方式のレンズなります。

 

レンズシャッターとは?

その名の通り、レンズにシャッターの機能がついているものになります。

主に大判カメラ、中盤カメラなどに用いられています。

レンズシャッターの検品方法

1.検品をしたいシャッタースピードに合わせます

dsc_2630
 

2.シャッターチャージノブを引き、シャッターのチャージを行います。

dsc_2630-2
 

3.シャッターを切ります。

dsc_2631
 

F値の変更方法

赤丸内のレバーを8〜64まで任意の位置にずらすことでF値の調節ができます。

dsc_2630-3

まとめ

クラシックカメラに親しみがないと取っつきづらい中盤レンズですが、取り扱える商品の幅が増えると、利益も伸ばしやすくなりますので積極的に扱ってみて下さい。

また動画で詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。