Pocket

 

どうも今井です。

今回はカメラ転売、経験を積めば積むほど、どんどん楽に稼げる3つの理由について解説しています。

カメラ転売は簡単に稼げるとよく言われていますし、私自身もそう感じています。

しかし全く経験がない初心者がはじめから簡単に稼げるわけではありません。

ただ、経験を積めば積むほど楽に利益を上げれるようになっていきます。

今回はその理由についてお伝えしていきます。

 

カメラ転売、経験を積めば積むほど楽に稼げる3つの理由

仕入が楽になる

転売の一番の肝は仕入です。

はじめのうちは中々利益が取れる商品が見つからずに苦労する点もあるかもしれませんが、仕入は経験を積めば積むほど楽になっていきます。

リサーチ、商品仕入、商品販売を繰り返していくことにより、商品の相場が分かってくるからです。

商品の相場は別にしっかりと覚えているものでもありませんが、経験を積むことで大体の相場感のようなものと、利益が取れそうなものに対する勘が鋭くなっていきます。

このように大体の相場感が身についてくると、利益が取れないものがリサーチせずともある程度判断できるようになるため、逆に利益が取れそうなものをすぐに見つけることができるようになります。

また販売経験を積むことにより、人気の商品が分かってきます。

これによって「商品回転が早い商品=すぐ売れる商品」が分かるため仕入判断の質が上がります。

作業効率が上がる

商品を仕入した後のカメラ転売における主な作業は撮影、出品、発送、顧客対応(取引ナビ)などです。

カメラ転売の一連の流れについてはこちらの記事をご覧下さい。

カメラ転売の一連の流れ



数をこなせばこなすほど、慣れによって一つ一つの作業が早くなります。

作業効率が上がることで時間が作れるので、商品を仕入して売る個数も多くすることができます。

結果、利益を伸ばすことにつながります。

利益効率が上がる

仕入の実力が上がることによって単品益(商品1つあたりの利益)を高くすることができます。

1つあたりの利益額が大きくなると、少ない個数で利益が取れるようになってくるので作業が少なくなり楽になります。

また転売をして少しずつでも、資金が貯まっていくことによっても効率よく稼ぐことができます。

資金が少ないと、資金を回すために値下げして時にはトントンでも多少の赤字でも売り切ってしまうことも必要となってきます。

資金が多ければ多いほど仕入資金に余裕がでるため、高単価高利益な商品を狙っていけるほか、定額置きでは商品を高値で置いておくこともできます。

 

まとめ

カメラ転売はビジネス未経験者にも圧倒的に稼ぎやすいビジネスですが、もちろん初めのうちは苦労もあります。

初めから楽をして稼げるものなんてありません。

しかし、ある程度頑張って経験を積んでくると、どんどん楽に利益が上げれられるようになります。

特に初めのうちは仕入ができない、分からない方も多いと思いますが、リサーチをする分だけ経験値がたまっていきますので、コツコツ頑張っていきましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にして下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。