どうも今井です。

今回はカメラ転売、セット化して販売する手法のメリットとデメリットについて解説していきます。

 

カメラ転売のセット販売とは?

カメラ転売で複数の商品を抱き合わせて販売するやり方です。

様々な組み合わせがありますが、主なものには以下のようなボディ+レンズのセット販売があります。
  • レンズキット(ボディ+レンズ1本)
  • ダブルレンズキット(ボディ+レンズ2本)

セット化して販売する手法のメリット

高利益を狙える

それぞれ単品で販売するよりも利益が高く取れる場合があります。

例えば、ボディのみの販売で3000円利益、レンズのみの販売で2000円利益をとれる見込みがあるとすると、見込利益は2つで5000円になります。

これがボディ+レンズのセット販売にすることによって8000円利益がでるといった場合もあります。

回転が早くなる

ボディとレンズをセットにすることによって、それぞれバラで売るよりも売れ行きが良い場合があります。

そのため、レンズ単体でなかなか売れないといった場合、ボディとセットで出品してみるのもオススメです。

セット化して販売する手法のデメリット

セットが揃うまで出品できない

セット販売する場合はセットが揃うまで出品できません。

ほぼ同じタイミングで仕入ができたときなどは問題ないですが、多くの場合、セットが揃うまでに時間差がある場合が多いです。

先に仕入したものが出品できない状態になるので、在庫負担となってしまいます。

足りないものを探す手間がある

セット販売のために足りないものを探す手間がある点もデメリットです。

仕入の際に丁度よく欲しかったものがあればいいですが、買ってもいい安価な価格でなかなか置いてあるのが見つからない場合も多いです。

セット化へ未完成のものが何個も積み重なると、その商品を把握しておくのも面倒になってきてしまう可能性もあります。

まとめ

セットで販売することによって利益がより取れたり、早く売れることもあります。

「余ってしまった商品をくっつけてみる」「リサーチの結果セット売りの方がバラ売りより利益が取れそう」などの場合に試験的にセット販売を試してみると売り方の幅も広がります。

ただ、セットで販売することを意識しすぎて効率が悪くなるのは本末転倒です。

カメラ転売では単品の販売でも充分に利益は取れますので、全体の効率を考えて販売をしていきましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。