どうも今井です。

仕事の内容がかなり多岐にわたってきてちょっとバタバタしており、なかなかブログを更新できずにすいませんでした。

 

今回は久々に動画付きでお送りします。

 

テーマはずばり「成功に学歴は関係あるのか?」です。

 

 

僕は一般的にそこそこ高学歴と呼ばれる高校、大学(早稲田)を出たので

どちらかというと学歴が高く優秀な人が周りに多かった環境で学生時代を過ごしました。

 

また新卒で入った銀行も、勉強ができる優秀な人が多かったです。

 

ただ、今現在は学歴関係なく、様々なバックグラウンドの方と一緒に仕事をさせてもらってます。

一番近くで一緒に共同のプロジェクトを進めている人も高卒の方です。

 

いうならば、僕自身は高学歴の人たちも学歴関係ない様々な人たちを見てきました。

 

そんな環境にいる僕だからこそ肌で感じることができた「成功と学歴の関係」について今回は書いていきたいと思います。

 

1.成功に学歴は関係するのか

 

はっきり行って「直接的な関係はない」と感じています。

 

大学に行ってない成功者なんていくらでもいるからです。

 

ZOZOTOWNの前澤社長が高卒、GMOグループの熊谷社長は中卒などなど。

 

まだまだ有名な成功者の方で高卒、中卒の経歴を持っている人は数え切れないほどいっぱいいます。

 

逆にいえば、高学歴でニートやフリーターをしている人たちも一定数います。

 

この時点で、学歴がなきゃ成功できないなんてことは絶対にないし、学歴と成功は直接的な関係はないと言えます。

 

とはいっても高学歴な人の傾向として成功に関わる特徴がいくつかあるので、

僕なりの考えをまとめてみました。

 

高学歴の人の傾向

 

①努力の基準値が高い

 

今は様々な形の受験方法があるにしても、

高学歴の人は大学に入る際に「勉強する→テストを受ける」といったプロセスを経ている人が多いです。

 

要は勉強において、それなりに努力をしてきた人たちが多いってことです。

 

努力をしてきたということは、そもそもの「頑張る」の基準値が高いといえます。

 

頑張るという言葉は非常に曖昧で、基準は人それぞれです。

 

ある人にとっては、

「土日はオフで平日勤務、平日9-17時で働いた後に空き時間に1日30分副業をする!」

というのが頑張る基準の人もいれば、

「1日3時間睡眠で週7日バリバリ働く」

のが頑張るの基準の人もいます。

 

高学歴の人はどちらかいうと高い基準値の人が多いです。(あくまで傾向で笑)

 

僕の学生時代の友人にも、

仕事終わりが毎晩夜2~3時でそこからタクシーで家に帰る官僚とか、

毎晩のように夜中まで接待の後に翌朝早朝に出社する商社マンなどいますが

そういった人たちの毎日を聞いているとひしひしと感じます。

 

働く基準値が高すぎる笑

 

上昇志向、成長意欲の違いから生まれているのかもしれませんが、

 

成功する上でこの「頑張る基準の違い」は凄く大きいと感じています。

 

頑張りました!っていって成果が出てない人は大抵行動量が少ないので。

 

②学習能力が高い

 

飲み込みが早く、知識の吸収が早いことも特徴としてあります。

頭がいいって意味のそのままですよね。

 

ただ、学習能力があるからこそ、陥りがちな良くない点もあります。

それは、

「やったこともないのにすべてを知った気になってしまう」

「頭でっかちで行動がともなっていない」

このような状態になってしまう場合も多々あります。

 

実際に自分でビジネスを回して本当に思うのが、

ビジネスは「実際にやってみないと本当のところは何も分からない」ってことです。

 

自分で経験して行動→結果のプロセスから学んだことと、

ネットや本などから学んだ単なる知識は全然違います。

 

「何事もやってみないとわからない」

 

これを忘れてしまうと、頭でっかち評論家タイプになってしまいます。

 

個人や小さい組織でビジネスを回す際には、行動力が何よりも超大切です。

 

学習能力が高いのはいいことのように思えますが、実はこういった負の側面もあります。

 

 

③安定志向の人が多い

 

高学歴の人は安定志向の割合が多いと思います。

 

そもそも学歴を取りに行くという選択が安定志向ですよね。

 

僕なんか昔はまさにこの典型で、

やりたいことなんて今の段階で分からないし、

とりあえず無難にそこそこの大学行っとくか、みたいな感じで早慶を受験しました笑

 

そこそこ高学歴の人といっても、

大学入試のときはだいたいそのような意識の人が多いんじゃないでしょうか? 

 

就活でもなんだかんだ大手志向の人がやっぱり一番多かったですし、

個人差はあるにしても高学歴の人は安定志向の割合が多いことは言えると思います。

 

安定志向って将来を考えた上でとる選択なので、

先を予測して行動することができるという点では素晴らしいことです。

 

ただ逆に、リスクをとって一歩踏み出す勇気がない、行動力がないと考えるとデメリットですよね。

 

ビジネスの成功に必要な両面の要素

 

上記のようにいくら頭良くても、行動力や挑戦する勇気、ある種の蛮勇さがないと、何も経験できないし、良い結果につながりません。

なので頭がいいだけではなく、まずやってみる!バカになって行動する!という低学歴要素も必要になってきます。

このある種の行動力をここでは低学歴要素と書いてますが、ここでは決して馬鹿にしているわけではなく、いい意味で書いてます。

 

成功に必要な高学歴要素

・成長意欲を持って高い基準値で頑張る

・経験から学習して正しい法則(やり方)を導く

 

成功に必要な低学歴要素

・新しいことに挑戦する勇気

・バカみたいな行動力

 

頭でっかちな評論家タイプか

それとも行動が空回りして良く分からなくなっているのか

自分がどちらの傾向なのか認識して

足りないところを意識していけば、より成功に近づくと思います。

 

あたらめて自分に当てはめてみると、自分は低学歴要素のが大きいかもしれません笑

 

みなさんはどっちでしょうか?

 

高学歴の人は人生守りすぎずに好きなことに挑戦して欲しいし、

逆に学歴がない人もビジネスに関して学歴は関係ないので

学歴を理由に起業や副業をあきらめないで欲しいと本気で思います。 

 

最期までご覧いただきましてありがとうございました。

 

また近いうちに初心者向けでリスクを限りなく少なくした稼ぐための新企画を紹介したいと思ってます。

メルマガ限定で公開しますので興味のある方は下のフォームに登録しといて下さい。