Pocket

どうも今井です。

カメラ転売をはじめたい!という場合にまず「どのように始めるのか」を決める必要があります。

・独学でいくのか

・情報商材(教材)を買って自分で実践する

・スクール(塾)に入るのか

・コンサルを受けるのか

色々な選択肢があると思います。

 

この上の4つの選択肢で言うと、一般的には

上に行けば行くほどお金がかからない。(ゼロ〜少額)

下にいけばいくほどお金がかかる。(高額)

形だと思います。

 

その中でも、今回は一番高額のサービスであろう「カメラ転売のコンサル(コンサルティング)」についてぶっちゃけた話ができればなと思います。

 

動画で見たい方はこちらをどうぞ!


今井の実際の体験談「カメラ転売塾やカメラ転売コンサルはどうだった?」

僕の場合はカメラ転売を始める上で、事前に自分で一切実践することなく、速攻でカメラ転売のスクール(塾)に入りました。

ブログから仕入ツアーを募集されていたので仕入ツアーを見させていただいて面談。

その面談で即決してお金をその場で払いました。

今振り返ってみると、いきなりお金を払ってまでカメラ転売スクール(カメラ転売塾)に入った理由は主に3つだったと思います。

1.自分でお金を稼いだことのない人間が自分だけで稼げるほど甘くないと思っていたから。

当時の僕は銀行員として普通に平日会社に勤務している状況でした。

新卒後、そのまま銀行に入ったのでビジネス経験はゼロ。

「自分が自分自身だけの力でお金を稼ぐ」なんて正直、想像もついていませんでした。

ただ、「自分で稼げる。そんなことが可能だったら最高だろうなぁ・・・」と夢見ている状態だったかもしれません。

「起業してバリバリやりてぇ!俺は1億稼ぐんだ!」というよりも、「会社辞めたい」「自由に生きたい」→「そのために最低限以上稼がなきゃ!」というようなモチベーションでした。

・ビジネス経験ゼロ

・ヤフオク経験ゼロ

・カメラの知識ゼロ

正直全く知らないことだらけの今の自分が、「独学でカメラ転売で稼ぐ」なんて不可能だと思っていました。

「まずは基本を先生に習わないと自分一人じゃ話にならんだろ。」

このような感覚があったので、もし何かしらの理由で当時入ったカメラ転売塾に入らなかったとしても、他の誰かしらのコンサルやスクールに入っていたと思います。

2.最短最速で稼ぎたかったから。

当時の僕は「一刻も早く稼げるようになって自由の身になりたい!」と、考えていました。

それだけ会社が嫌だったのかもしれません。笑

最短最速で稼ぐには周り道なんてしている暇はない。

ノウハウを学ばせてもらうことで、最短ルートで稼げるようになりたいと思いましたし、自分自身で試行錯誤していきながら少しずつ実力を高めて行くなんて悠長なことはやってられないと考えてました。

それに、自分自身だけでカメラ転売を実践して頑張っても、そもそもその頑張っている方向が合っているか分かりません。

そんな暗闇の中で、試行錯誤しながら失敗を経験しながら少しずつ進んで行くなんて絶対に非効率。

そして、稼げるかどうか、方向性が合っているかどうか分からないのに自分が頑張り続けるなんて無理。

自分はその前に挫折してカメラ転売をやめるだろうな、というもはや確信がありました。

「自身が面倒くさがりで、無駄なことはしたくない怠惰な性格」なのは自分が一番よく分かっています。笑

最悪、「詐欺とかで全く稼げない」というのでも、それはそれで割り切って別の道に進めばいいや!と考えてましたね。

3.ゴリ押しセールスをしてこない姿勢に対して信頼感を持ったから。

仕入ツアーの後の面談で僕は「どんなセールスがくるのかな?」と、内心ビクビクしていました。

しかし、思いの外パワーセールス、ゴリ押しセールス的なものは全くありませんでした。

「今井君がやりたいならやればいいよ。

 別に稼ぐ手段なんていくらでもあるし、選択肢は色々あるから。」

この言葉を聞いて、この人を信じてついていってみよう!

と決心しました。

実際にそのカメラ転売塾はどうだった?

塾は結構少人数で当時は8人ぐらいだった気がします。

少ない人数の中で手厚くみてもらえる環境だったので、何十人、何百人という規模のスクールとはまた違った雰囲気でした。

塾(スクール)と個別コンサルの中間ぐらいなイメージですね。

実際に月収100万円稼いでいる人が1名、月収80万円を稼いでいる人が2名いたので、その方たちからノウハウを色々教えてもらって、成長していきました。

カメラ転売塾に入って結果は出たのか?

最初の最初はもちろんそんなに上手くいくはずもなく、最初の10日間ぐらいはリサーチをしてもしても「仕入できるものが見つからない・・・」という壁にぶちあたりました。

カメラ屋にも入ったことがなかったので、カメラの型番を見分けるのに苦労しました。

Oh・・・もう「〇〇mm」とか「F〇〇」とか記号見たくねぇよー

カメラ特有の意味分からない記号群にうんざりしていました。笑

でもできるときにリサーチは続けていました。

仕入ツアーでの革命

転機は月収80万円を稼いでいる人に仕入ツアーに連れていってもらったときでした。

今まで自分が「いくらリサーチしても、仕入できるものが全然見つからない」という状態だったのに、同じ店舗でその方はどんどん儲かる商品を見つけていったんです。

もう衝撃でしたよ。

実際にオークファンで確認するとたしかに利益が出そう!

自分はそれまで何をリサーチしてたんだ。

ただ僕は「ちょっとだけリサーチして、儲かる商品ないよー」的な感じだったんです。

探している気になっているだけで、抜け落ちている商品が一杯ありました。

本当に自分自身の甘さを痛感して恥ずかしくなりました。

「仕入できるものはあるんだ」

この実感で僕の意識が180度変わりました。

初月で29万円の利益達成

「絶対に儲かるものは落ちている!」

この意識でリサーチしまくっていたら、少しずつ仕入れできる商品が見つかるようになりました。

また、相場や棚の商品の構成が頭に入っていって、どんどんリサーチが加速していって、仕入れしまくれるようになりました。

多少リスクを取ってでも最速で稼ぎたい。

この思いがあった僕は初心者のくせにクレカを使いまくって仕入れしまくります。

がむしゃらに仕入→販売を繰り返したら、なんと気がついたら初月から29万円の利益でした。

「1ヶ月で会社の給料を上回れるの!?」当時すごく衝撃を受けました。笑

2ヶ月目は初月の在庫もあったし、さらにリサーチ慣れしていたので仕入量も増えて、月収60万円を達成しました。

なんか2ヶ月目は60万円稼いだという実感がまだ湧いていなかったですね。

でもそれだけあっという間に稼げるようになりました。

カメラ転売塾、コンサルを受けずとも成果は出たのか?

実際独学でやったことがないので分からないですが、おそらく成果が出たとしてもめちゃくちゃ時間がかかっていたと思います。

仕入れ先、検品方法、オークファンでの相場の見方、高値で売る販売方法などカメラ転売で稼ぐためのポイントを全て教えてもらっていたので、最速で結果を出すことができたのは間違いないです。

なので僕個人の感想としては、最初にカメラ転売塾(スクール)に入ってコンサルを受けて本当に良かったです。

次に、僕がコンサルを受けた経験から感じたカメラ転売のコンサルを受けるメリットとデメリットをまとめました。

カメラ転売のコンサルを受けるメリット

悩んだときにすぐに相談できる

自分が悩んだ時にすぐに相談できて疑問が解決できるのは大きなメリットだと思います。

実際ネットに出ている情報だけだとまだまだ不十分だったり、細かい部分が分からなかったりします。

そういった内容を直接聞けるのは良い点だと思います。

間違った方向にいったときに方向修正してくれる

自分は教えてもらった通りにやっていても、初心者のうちは「ズレた」行動をしていることもよくあります。

リサーチや商品状態の見極めの基準などの仕入れ面でも、商品撮影方法や撮影構図、商品説明文など販売においても、「本人が気づかずに間違った方向に進んでしまう」というのはよく起こります。

そういった方向性を間違えている際にすぐに方向修正して正しい方向に向かっていけるのは無駄がなくなるため、効率的です。

モチベーションが高く保たれる

完全に一人でカメラ転売をしていても、なかなか頑張り続けるのは難しいです。

なかにはスーパーマンもいるかもしれませんが、人間弱い生き物ですからね。

僕は絶対一人じゃ続けられないタイプでした。

定期的な集まりなどでモチベーションを高め合うことができたので結果につながりました。

 

ここまでコンサルのいいところばっかりいってますが、実際にデメリットもあると思います。

カメラ転売のコンサルを受けるデメリット

お金がかかる

塾(スクール)やコンサルだとお金が結構高額になることも多いです。

お金を払うからこそ本気で取り組める良さもあるのですが、ビジネスで稼ぐ経験が全くない中で「ある程度以上の金額を支払う」というのはやはり怖さはあると思います。

「独学で試行錯誤して上手く行くまでにかかる時間」「支払うお金」を天秤に合わせて自分で決めると良いと思います。

間違った人に学ぶとリスク

ある程度大きなお金を払ってその人についていく形になるので、間違った人を先生・師匠・メンターにしてしまうと時間もお金も無駄になってしまうリスクがあります。

実際問題、コンサルを行なっている人でも実力は千差万別ですし、コンサルの姿勢も人それぞれ違います。

加えて人間として合う合わないもあるのでコンサルを受ける前にできる限り、「その人で大丈夫なのか?」というのは考えておくべきです。

じゃあどうやって判断したらいいのか、僕なりの良い先生(メンター・師匠)の選び方を紹介します!

コンサルを受ける上で良い先生(メンター・師匠)の選び方

動画でご覧になりたい方はこちらをどうぞ!


無料で情報発信しているクオリティはどうか

その人の無料で出している内容のクオリティを見ましょう。

ブログの文章、無料レポートの質、Youtubeでの発信などが判断材料になります。

実績はいくらでも詐称できても、発信のクオリティ自体は盛ることはできません。

ブログの文章一つでも「論理的な思考力ができるのか」「どういう性格なのか」「ノウハウを出してくれるのか」など判断する材料はいくらでもあります。

また、有料の教材を買った場合はその教材のクオリティの質で判断しましょう。

募集の前のフロントエンドでセミナーをする場合も多いですが、そのセミナーの質も重要な判断材料になります。

一度かなり前に、「カメラ転売の実力者」のように発信されている方のセミナーに出たことがありましたが、肝心の内容がスカスカすぎたので全くスクールに入る気がしなかったし、むしろ不信感を抱きました。笑

間違いない実績があるか

実績があるかどうかも重要な視点ですね。

基本的にその人から学ぶので、そのコンサルを受けて成果を出せる上限は、その先生の実績だと思った方が良いです。

もちろんそれ以上にコンサル生が跳ねることも多くありますが、基本的にはそのように見たほうが無難です。

例えば月収50万円以上稼ぎたかったら、少なくとも月収50万円以上を継続している方のコンサルを受けましょう。

発信している内容に共感できるか

発信している内容に共感できるかどうかも結構重要な視点です。

これは実力うんぬんというよりも、人間性(パーソナリティ)が合うか、その人の考え方(人生哲学)に共感できるかという観点です。

ブログやYoutubeなどの発信の内容、実際に会ったときの話している内容から判断できます。

まずどんな人間にも合う合わないがいるので、その人に違和感「なんかやだなぁー」「なんか気持ち悪いなー」という感情を持つようならやめましょうw

尊敬できない人の言うことは素直に言うことができないので、せっかくコンサルを受けても言う通りに実践できず、意味ない結果に終わります。

その人が現役でやっているかorサポート講師が現役か

できたら現役でカメラ転売をしている人から教わるのがベストです。

情報発信している方が「コンサル専門で今はカメラ転売をしていない」というのであれば、「他に現役でやっていて教えてくれる講師がいないのかどうか」必ず確認しましょう。

カメラ転売は他のネットビジネスの手法に比べると結構安定感があって稼ぎ続けやすいですが、それでも3年前のノウハウでは今現在は通用しないということはよくあります。

現役の方からフレッシュな情報をもらって稼ぐのが一番なので、ここは要チェックです。

ネット上に悪い評判が多くないか

インターネット上に悪い評判が多い場合には、慎重に判断するべきですね。

なかには批判マーケティングといい、サービスを買ってもいないのにとりあえずその人を批判しまくって、最後に自分のサービスを売るというようなブログを書いている人もいるので、そういう情報はほぼ無視で良いです。

ただネット上にあまりに悪い評判が多い場合はヤバイかもしれません。

最近ではあまりの過大広告により、集団訴訟にまで発展するケースもありますが、そのように明らかに炎上しているやばそうなサービスも避けたほうが良いです。

常識で考えて不自然な点はないか

「ワンクリックで月収100万円!」

「不労所得ツールで勝手に口座にお金が入金されます!」

明らかにヤバイのはこういうやつですね。

まぁカメラ転売にはこういう謳い文句はあまりないですが、例えば「毎回一商品で利益50万円越え確定です!」とか不自然っぽいやつは要注意です。

もちろん「消費者から直接買取している」とか「古物市場仕入れ」をしているというのであれば、可能性はなくはないですが、毎回1撃利益50万円越えは考えづらいですねw

単価が高い分、利益効率は良いのは間違いないですが、カメラ転売は魔法じゃないので特に最初はコツコツやらないと稼げないです。笑

まとめ

良い人を選べば、コンサルを受けるのは基本的にオススメです!

成功までの時間を圧倒的に短縮できるからです。

もちろん間違った人に申し込むとお金と時間両方を失う可能性もあります。

ただ、今カメラ転売を実践しているけどなかなか上手くいっていないという方は、遅かれ早かれ「誰かにやり方を学ぶ」というのは必要だと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。