Pocket

どうも今井です。

2019年5月29日にまたアマゾンの出品規制が新しく発表されました。

関連する商品の出品を出されている方は、このようなメールがきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

アマゾンからのメール

【重要/対応要】除湿器製品に関する書類をご提出ください

平素よりAmazon.co.jpにご出品いただきありがとうございます。 

このメールは、審査を必要とする製品を販売されている出品者様にお送りしています。当サイトは、お客様に安全、快適にショッピングを楽しんでいただけるよう常にサービスの向上に努めております。この度、その一環として、当サイト上で出品されている対象商品について、法令が定める安全要件を満たしていることを確認するため審査を行うことになりました。 

対象商品を引き続き出品する場合は、本メールを受け取られたメールアドレスから、担当窓口宛に以下の情報を期限までにご提出ください。期日までに情報をご提出いただかない場合は、対象商品の出品は取り下げられますのであらかじめご了承ください。なお、本日より新規に登録をされた対象商品に対しては猶予期限なしで本日から安全要件が適用されます。 

対象商品:除湿器
除湿器とは冷却装置を備え空気中の水分を取り除き、除湿の目的に使用されるものをいいます。室内干しをした洗濯物や部屋の結露を乾燥させる目的を持ちます。
本商品をAmazon.co.jpで販売することを希望する場合、特定の認定基準を満たす必要があります。以下の情報および書類を以下のEメールアドレス(担当窓口)に送信して申請する必要があります。

期限:2019年6月28日
担当窓口:jp-electronics-safety@amazon.co.jp

注意: 申請を受け付け後、確認までに時間がかかる場合があります。この間、重複するケースの作成は控えてください。重複提出は審査の遅れの原因となります。
1. 会社名 
2. 出品者ID
3. Eメールアドレス 
4. 電話番号 
5. 出品を申請(または販売の継続を希望)するASINのリスト 
6. ASINごとに以下の書類を提出してください(添付する文書のファイル名にASINを含めてください)

特定電気用品以外の電気用品(PSE)
1. 電気用品製造事業届出書もしくは電気用品輸入事業届出書の写しこの書類には、経済産業省(METI)の受領印が押印され、型式の区分表が記載されている必要があります。
2. 定格銘板(PSEマークが付されている箇所)の写真(PSEマーク、届出事業者名、定格電圧などが読み取れること) 
3. 定格銘板に経済産業省へ届け出た事業者名とは異なる名称(略称)を表示する場合、経済産業省から承認を受けた際の根拠となるもの
4. すべての完成品の自主検査記録

注意: 審査状況によっては、追加で書類提出をお願いする場合があります。あらかじめご了承ください。
注意: なお、上記情報の提出をもって、出品者は提出した情報が真正かつ正確であることを表明し保証したものとみなされます。上記表明保証に違反した場合、出品権限が剥奪される場合がありますので、ご了承ください。

関連法令
経済産業省「電気用品安全法」
https://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/index.htm

今後ともAmazonをよろしくお願いいたします。
Amazon.co.jp

 

対象となる商品は?

どうやら除湿器だけでなく、

・シーリングファン

・ヘアアイロン

・ドライヤー

・ヘアアイロン

・除湿機

・ダウンライト

・電気カーペット

などが新規に出品規制になるようです。

 

今回の規制の対策は?

正攻法でしっかり攻めて今後も出品できるようにしたいというのであれば、

ASINごとに以下のいずれかの書類の提出が必要になるようですね。

特定電気用品以外の電気用品(PSE)
1. 電気用品製造事業届出書もしくは電気用品輸入事業届出書の写しこの書類には、経済産業省(METI)の受領印が押印され、型式の区分表が記載されている必要があります。
2. 定格銘板(PSEマークが付されている箇所)の写真(PSEマーク、届出事業者名、定格電圧などが読み取れること) 
3. 定格銘板に経済産業省へ届け出た事業者名とは異なる名称(略称)を表示する場合、経済産業省から承認を受けた際の根拠となるもの
4. すべての完成品の自主検査記録

3・4はほぼ不可能だと思うので、おそらく販売時にメーカーから「電気用品製造事業届出書もしくは電気用品輸入事業届出書の写し」をもらって提出。

というのが有効かもしれません。

小売からの仕入のせどりだとほぼ対応不可能ですかね。

なので、アマゾン新品せどりをされている方はヤフオク、メルカリ、ヤフショなど他の販路で売るのが良いと思います。

 

新品せどりでアマゾン一本だと、より厳しいと流れががどんどん加速していきますね。

販路がアマゾン一本かつ、小売仕入で新品のみの取り扱いという方は、他の販路や中古を取り扱うなどリスクヘッジを検討することを強くおすすめします!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!