Pocket

 

どうも今井です。

今回はレンズの状態確認方法についての動画です。

以下、レンズを購入する際に実際にチェックすることについて解説をしていきます。

 

レンズの状態確認方法

外観チェック

レンズの外観をチェックしていきます。

スレ、キズ、アタリなどがないか確認していきます。

フィルター枠のあたりによくアタリ、キズがある場合があるのでよく確認するようにして下さい。

またマウント部分についても使用感が出る部分ですので、程度を確認しておきましょう。

フィルター枠、マウントなどレンズついての名称が分からない場合はこちらの記事を参考にどうぞ

一眼レフカメラのレンズの各部名称について、初心者の方にもわかりやすく解説


光学チェック

レンズの中、光学をチェックしていきます。

ライトで反対側から光を当てることでレンズのカビ、くもり、キズ、チリ(ゴミ)などの状態をチェックしていきます。

ライトがない場合、レンズを蛍光灯に向けて中から覗き込むことでもチェックができます。

レンズの光学の状態についてはこちらの記事を参考にどうぞ。

カメラ転売のレンズの光学状態確認方法、カビ、くもり、キズ、ほこり(チリ)の見分け方


動作チェック

絞りリング、フォーカスリングが動くかチェックしていきます。

リングを回して動作がスムーズかどうか確認しましょう。

動作未確認品、ジャンク品などを仕入した場合は、実際にボディに付け動作を確認します。

オートフォーカスの場合、ボディとレンズの接続をした際、レンズを問題なく認識するか、AFが作動してしっかりとピントが合う撮影ができるかなどをチェックするようにして下さい。

まとめ

状態確認を適切に行うことができないと、来の価値ある値段で販売できなかったり、逆にクレームにつながったりする恐れがあります。

適切な状態確認を行い、仕入をしていきましょう。

動画でも詳しく解説していますので良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。