どうも今井です。

今回はSIGMA(シグマ)、TAMRON(タムロン)レンズのマウントの見分け方についての解説です。

 

SIGMA製、TAMRON製レンズとは?

SIGMA、TAMRONともにカメラ用レンズメーカーです。

SIGMAは一部カメラも製造もしていますが、主力は一眼レフ用の交換レンズです。

SIGMA、TAMRONのレンズは、同じ商品名であってもキヤノン用、ペンタックス用、ニコン用、ソニー用など各社用にマウントが異なります。

マウントの違い

CANON(キヤノン)用

Lens-encyclopedia_lens_sigma18-50mmf3.5-5.6dc_efmount
赤丸内の端子の並びに注目してみて下さい。

右側に小さい端子が5つ均等に並んでいて、その左側に少し大きい端子をはさんで一番左側が小さい端子となっています。

この並びがCANON用マウントの特徴です。

PENTAX(ペンタックス)用

terano43-img599x401-1470816230pzqr5k9531
こちらも赤丸内の端子に注目してみて下さい。

小さな円状の端子が5つ並んでいます。

間隔は3つの端子が近くに並んでいてその隣の2つとの間隔が少し空いています。

このこの並びがPENTAX用マウントの特徴です。

NIKON(ニコン)用

terano43-img599x401-1470822355bewo3i30418
右側の赤丸内に注目してみると、端子部分は赤い円状に並んでいます。

マウント部分に出っ張りがあり、その出っ張りから横に端子が出ているのが特徴的です。

また、左側の赤丸内に注目してみてもらうとわかる通り、Ai-sマウントに見られる凹みがあります。

SONY(ソニー)用

idler0729-img599x398-1466222182ei7h8j25382
赤丸内に注目してみると、四角い端子が均等な間隔で8つ並んでいます。

一見、キヤノン用のレンズと似ていますが、均等間隔に並んでいて端子数が多いのがこのソニー用マウントの特徴です。

SIGMA SA用

3b3a8a3a512600044e2c
SIGMAはレンズだけでなく一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラなども製造しています。

このレンズはSIGMAの一眼レフ用のマウントになります。

赤丸内に注目してみると、端子が7つ、5つがまとまって、他2つが離れて設置されています。

キヤノン用、ソニー用と少し似ているため注意してみて下さい。

まとめ

SIGMA製のレンズ、TAMRON製のレンズは製造メーカーと使用できるモデルのメーカーが異なるため、慣れないうちは分かりづらい部分があると思います。

出品時に間違えて出品してしまう恐れもあるため、しっかりとチェックしていきましょう。

動画でも詳しく解説していますので、良かったら参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。