Pocket

どうも今井です。

 

皆さんネットでは〇〇はもう稼げない!?

というような文章みたことはありませんか?

 

せどり、転売、OEM、輸出、輸入などの色んな形のEC物販でも

よく書かれていることが多いと思います。

 

ただネットには基本的にマイナスな情報ばかり載ってきますので、そのまま鵜呑みにするのは危険です。

 

目を引いてアクセスを集めるために書いている場合や、

その人自身が稼げなかったから書いている場合がほとんどだからです。

 

実際にはEC物販業界は市場として年々伸びていってますし、今後も伸びていくでしょう。

まだまだ日本は中国などの他国と比較してEC化率も低いので、むしろこれからが本番です。

 

ノウハウも数多く出ている今、

EC物販に取り組んで大きな結果を出している人も非常に増えてます。

ただ、一方で伸び悩む人も多くいます。

 

月商で何百万・何千万と売り上げる人、そうでない人。

 

いわゆるパワーセラーとあなたの違いはなんだと思いますか?

 

色んな要素があると思いますが、僕が最も大きい要素の一つだと考えているのが

 

資金力です。

 

 

もちろん資金がなくても稼ぐことはできますが、

利益率や回転を上げる必要があるので、より手間がかかります。

 

・利益率、回転の良いものを厳選して仕入する

・状態の悪い物を仕入してリペア(修理)して販売する

・無在庫などで販売していく

・資金に限りがあるので組織化・外注化しづらい

 

など、ある意味ハンデを抱えて取り組むようなイメージです。

 

逆に資金力があれば、

・利益率が多少低くても仕入ができる

・大量仕入大量販売がしやすい

・組織化外注化もしやすい

・資金繰りが楽

といったメリットがあります。

 

またOEMやメーカー仕入なども現金が必要になる場合も多いので、

そういった面でも取り組みやすくなります。

 

例えば、僕の知り合いで月利5%で月商4000万円ほど売り上げている方がいらっしゃいます。

 

利益としては月200万円ほどですが、ほとんど動かずに利益が上がっていますし、プラスして輸出の消費税還付でさらに月200万円ほどになるとのこと。

 

不労所得月400万円みたいなイメージです。

 

ただ、このように効率良く物販をしていきたいと思った時に

やはり資金が必要になってきます。

 

ただ、資金を貯めることを考えても

元々少ない利益から利益の蓄積するのは、

非常に時間がかかりますよね。

 

回している資金の規模がそもそも小さいので、

なかなか売上利益は上がらない・・・

 

もっと資金があれば、伸ばせるのに・・・

 

ビジネスの基盤ができていて、こう思う方は

間違いなく銀行融資に挑戦したほうがいいです。

 

以前の記事でも書かせていただきましたが、

資金をきちんと使いこなせる人であれば、融資を受けることは得でしかないです。

 

 

 

また一部現金を取っておくことでアカウント停止リスクなどにも備えることもできます。

 

皆さんが思っているほど融資は難しくありませんので、

ぜひ視野に入れて戦略を立てていただければと思います。

 

P.S.

 

融資は便利だとはといっても、

 

・融資はハードルが高い

・実績が不安

・申し込み手順が分からない

・事業計画書などの書き方が分からない

・融資面談などが不安だ

 

こう思っている方も多いと思います。

 

そんな方のために、

銀行で融資担当者をしていた僕が

「銀行融資ノウハウ全てをまとめた教材」をリリースします。

 

融資を受けるためには知っておかなければいけない考え方コツがあります。

 

僕でしか語れない内容が盛りだくさんのマル秘コンテンツです。

 

数量限定にはなりますが、ぜひ楽しみにしておいて下さい。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。